おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPAZIOのコンポを105(5700系)に組み替えて、140km試走してきました。
長文になってしまいました。。
----
GIOS SPAZIO君のコンポをNew105に組み替えました。

動機はTiagraのSTIレバーの髭(シフトワイヤー)をなくしたいという一点。
それ以外にSPAZIO君のもともとのコンポに不満は一切無かった、と言うことを記しておきます。

sDSC00929.jpg 変更前
sDSC01012.jpg 変更後

ちなみになぜあの髭がじゃまかというと、四角いフロントバッグが乗っけられないからです。
「しまにょーろ」とか「変速バナナ」とかいう方法もあるようですが、あまり美しい方法ではない、と二の足を踏んでおりました。
そこに登場した105,5700系というわけです。
つまり、これでフロントバッグを装備するスペースが確保できたので、
ジャージのポケットに入れてたものやウエストポーチに入れていたものを全てフロントバッグに
突っ込んで気楽にロングに出ることが可能になるはず。。。多分。
ただ、STIレバーは内側に倒すので、その分のクリアランスは確保せねばなりません。
ま、追々バッグも吟味しましょ。。

ということでコンポを変えても主たる用途のツーリングは変わりません。
それゆえ105もトリプルクランク仕様をチョイス。(そもそもKHARMA君もトリプルだけど。。)
ただ、フロントの歯数はこれまでの52-38-28(超ワイドにしてた) から 50-39-30(ノーマル)と
ギヤが詰まっています。。
この変化が吉と出るか凶と出るか。。

さて、組み換えを完了して今日は早速調子を確かめにロング(140km)ツーリングに行ってきました。
横浜から246で厚木へ向かいそこから宮ヶ瀬湖、ヤビツ峠を越えて江ノ島に抜けると言うルートを設定。
このコースだといろんなシチュエーションを試せます。

sDSC06211.jpg sDSC06218.jpg sDSC06219.jpg

さて、結果は、、

まず、気づくのはギヤ比の変化。
いつも使っていたフロントセンターギヤが38T->39Tとたった1Tの変化なのですが、
その分高速化していて坂道ではツライ。
さらに、フロントインナーギヤが28T->30Tとこっちは2T変わっていて、やっぱり重くなっている。。
ギヤ比的にはKHARMA君と同じですが、向こうは乗るときに荷物は持たないから気づかなかった。
SPAZIO君は車重があるし荷物も比較的積むのでロー側はもっと軽いギヤが欲しい。
というわけで、これはリア側のカセットスプロケットで吸収するしかないですね。
ちょっとスプロケの種類を調べてみました。
そうすると、1速の歯数は 25T,27T,28Tが選べる。
それぞれの減速比を計算すると

Front/Rear
28/25=1.12 SPAZIO 旧セット
30/25=1.20 SPAZIO 新セット
30/27=1.11 リアを27Tにすると
30/28=1.07 リアを28Tにすると

となり、リアを27Tのセットにすれば、今までのギヤ比とほぼ同じになる。
次回からはこっちをオーダーしよう。。
sDSC00965.jpg

さて次。
いわゆるシフトフィール、これは確実に良くなっています。
カチャッ、カチャッっていう感じだったTiagraからカチッ、カチッっていう感じに変わりました。
でもそれだけ。
まあ、SPAZIOにはここまでのクオリティーは必要無いな、と思います。
いいに超したことはないけど。。
ま、何を重視するかはその人それぞれだと思うので、これは私個人の考えということで。。

それよりTiagraについていた、今どこのギヤが使われているのかと言うインジケーターが
105以上には余計な部品として付いていないです。
これが意外に便利なので、ツーリングや街乗り向けにはやっぱTiagraだなー、と思う今日この頃。

さて次。
期待していなかった部分で意外に良くなっていて嬉しかったのはブレーキフィールです。
ワイヤーの取り回しが違うのか、引く力が強くなっています。
ブレーキ自体は今回変えていないので、BR-550というカンチブレーキのままなのですが、
これが、効かないんですよ、KHARMA君のキャリパーブレーキやGIANTのエスケープR3のVブレーキと比べて。。
そのブレーキの効きが良くなっていました。これは本当にGood Pointです。
ヤビツからの下り坂の平均速度がきっと少し上がっているでしょう。

140kmのロングライドを終えて、トラブル無しだったので、ひとまず取り付けはうまくいってたみたいです。

そうそう肝心の髭のなくなったフロントビュー。
このために交換したんですからね。。

sDSC01009.jpg sDSC01008.jpg

NEW105届く!
DSC06205.jpg
届きました。

スパジオ君のTiagraを105に変更すべく届いたパーツたち
  シマノ 105 STIデュアルコントロールレバー ST-5703 トリプル 左右セット
  シマノ 105 FC-5703 トリプルランクセット
  シマノ 105 リアディレイラー RD-5700-GS トリプル
  シマノ 105 フロントディレイラー FD-5703-SM トリプル バンド
  シマノ チェーン CN-5600 (10段対応)
  シマノ 105 CS-5700 10スピードカセットスプロケット
  シマノ 105 ボトムブラケット SM-BB5700
チェーンは古いタイプ。少し安い。
そして見ての通り、フロントトリプルでございます。

暇を見つけて、作業しなくっちゃ。
フロントバッグも雰囲気のあるやつがほしいなぁ。。
新しい105
105-5700series_image_-mainParsys-0013-image_dash_400_346.jpg
Shimano 105 5700 series
知らない間に発表されていたんですね。
発売はまだみたいですが、お店で予約はできるようです。
私はこれを待っていました。SPAZIO君のSTIレバーとして、シフトケーブルが隠れるタイプの、そして安価なモデルを。
これなら大き目のフロントバッグを導入できるようになるので、SPAZIO君に先行して導入してあったフロントキャリアも活きるってなもんです。

もう少し待てばTiagraもシフトケーブルが隠れるタイプになるのかな??
だったらそっちでもいいんだけど。。
消耗品(チェーン、スプロケ)の耐久性を考えると、実は低いグレードが狙い目と思っているわたし。。

コンビニレインコート 1050円(税込み)
DSC00096.jpg
ローソンで購入したフリーサイズ(フリーと言いながら袋には身長170cm~190cmと書いてあった)のレインジャケット1050円(税込み)が思いの外優れものだったのでレポートします。。

DSC00100.jpg
まず、袖口部分。
なんと2重構造になっていて内側はゴムで雨をシャットアウト。外側はストレートになっているので、グラブの裾をこの間に入れれば、グラブの脇からの雨の進入も防げます。

DSC00097.jpg
次に、パンツの裾部分。
ご丁寧に裾をすぼめるボタンが2つついています。これがあるので裾止めバンドが不要です。自転車乗りのためのレインコートですか?

DSC00099.jpg
これは地味な部分ですが、パンツに蒸れ防止の穴が2つ開いています。

DSC00101.jpg
そしてダメ押しの反射材。ジャケットの背面部についています。
これで雨の夜もかなり安心。

これだけの充実スペックでたったの1000円なんだからお安い。。
自転車用スピーカーの修理 RockridgeSound
DSC06095.jpg
ハンドルにアタッチできる自転車用高出力スピーカー、ROCKRIDGE SOUND社のSound Pouch、今メーカーのHPを見てみたら、自転車に取り付けられるということはアピールしてないっすね。。昔はアピールしてたと思うけど。。
このサウンドポーチ、音響的にはよくできていて、単3乾電池2本で出力されるスピーカーとしては大音量なので、風切り音の大きな自転車に乗っていてもちゃんと聞こえるところがグッド。
が、しかし、最初の1つめは買って一週間でスピーカーの片方が外れてしまったので、新品交換してもらい、交換してもらったやつも1ヶ月ちょっとでまたスピーカーが外れてしまいました。
音は出ていたのでそのまま使い続けていたら、ついに先日音も出なくなったので、今回自分で中をあけて修理可能なかんじか確認してみた。

DSC06085.jpg DSC06086.jpg
見ての通り、半田付けや、樹脂をつける場所が雑。
音が出なくなった原因も見て明らかなとおり、断線(3カ所)です。
作り様の問題みたいですね。。がんばれ企業!

DSC06088.jpg DSC06090.jpg
断線した端子を半田付けして、また断線しそうなところを接着剤で補強。

DSC06089.jpg DSC06091.jpg
スピーカーも同様。断線した端子を半田付けして、接着剤で補強。

これでまた少し様子を見よう。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。