おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアブレーキパッド交換
来週レースに向けて、リアブレーキパッドを交換しました。
簡単な作業のはずが、思わぬ苦戦を強いられました。
そもそも、アクセルシャフトを抜かなくても作業できるのですが、
ホイールを外して作業しようとしたら、シャフトが抜けない!!
ハンマーでたたいてたたいてたたいてようやく抜けましたが、苦労したっす。
原因は錆でアクセルシャフトが太くなっていたこと。
イヤーまいった。

以下、その様子です。

------
まずはアクセルシャフトのナットを緩めます。
アクセルシャフトのナットを緩める

そしてバイクをリフトアップ
リフトアップ

その状態で、ハンマーで叩きまくったのに、アクセルシャフトが抜けません。
直接関係なかったけど、チェーンアジャスターのあたるところのボルトを取り替えます。
チェーンアジャスターのあたるとこ

こんなに曲がっていました。
こんなに曲がってた

今度ちゃんとしたリアスイングアームに交換するから、今は我慢。

それはともかく、叩いて叩いて、CRC556を吹いての繰り返し。徐々に抜けてきます。
叩くこと数十分(かな?)。やっと抜けました。
錆びて太くなってる。これが原因か。
さびさびのシャフト

サンドペーパーで磨きました。これで大丈夫かな?
サンドペーパーで磨いたあとのシャフト

さて、そろそろ本番のブレーキパッド交換です。
まず、ピストンを引っ込めます。でかいマイナスドライバーを使います。
ピストンを引っ込める

ある程度開いたら、間に古いパッドを入れてさらに広げます。
ピストンを引っ込める2

ここまで開けばOK!
開きました。

パッドピンを外します。六角レンチに力を加えるにはモンキーレンチを使うとイイ。
モンキーレンチで六角レンチに力を加える

パッドを入れ替えて、パッドピンを入れます。あとは、ホイールを戻すだけ。
パッドピン挿入

本当は、ホイールを外さなくても、六角レンチで2箇所ボルトを緩めればここだけ外れます。
リアブレーキパッドアッセンブリー

しかし、今日はシャフトが抜けなくて焦った。。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。