おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハブ交換(ホイール組)
先日のブルベ(記事書いてないけど。。)のときに、フロントホイールのハブがゴロゴロベアリングがもうご臨終しているような感触だった。
DSC06815.jpg←問題のハブ。すでにカバーが斜めに浮いている。。
今日は一日暇なので、今使っていない、デュラハブのチューブラー用フロントホイールのハブと、交換することを決意。早速やってみた。
まずはチューブラーのタイヤを外し、ニップル回しでスポークを外していきます。外すのは簡単簡単。
DSC06818.jpg DSC06820.jpg DSC06823.jpg DSC06824.jpg DSC06826.jpg DSC06832.jpg DSC06830.jpg

さて問題のホイール組。
特に参考書を用意してないので、バラス前に取っておいたハブの写真を見ながら、適当にくみ上げていきます。
まずは、ハブの片側のスポークを一つとばしで、リムの穴を3つとばしで、ぐるっと一周組み付けていきます。
そして、一つとばしの残りの方を、さっき張ったスポークとクロスさせるようにしながら、また一周させます。
片サイドが終わったら反対側。意外とあっさりホイールの形になってきました。
DSC06834.jpg DSC06835.jpg DSC06836.jpg
ここからは、ニップル回しで全体を均等に締め込んでいきます。
さすがにこのままではホイールの振れが多いので、ここからは自転車にとりつけ、車体をひっくり返して車体をフレトリ台代わりに使いながら、振れをとる、、というか、スポークのテンションを均一にしてきます。
DSC06838.jpg DSC06841.jpg DSC06842.jpg
スポークテンションメータは持っているので、それほど苦労せず、テンションがだいたい均一になりました。
すると、振れはほとんど無い状態にすでになっています。一ヶ所だけ横振れが大きい感じだったので、そこだけはマニュアルで振れをとりました。

で、一丁上がり。
DSC06844.jpg

さっそくタイヤをとりつけ、空気を入れると、、あれ?
これって、、。
ま、大きな問題ではないのですが、空気入れの口金を出す場所が、ずれていました。
本当はスポークが平行になったところから出すべきなのですが、クロスしたところから出てしまった。
DSC06843.jpg
ま、こんくらいは気にしない気にしない。。
DSC06845.jpg



この記事に対するコメント

相変わらず何でもやってしまうの凄すぎ。
5月の連休のご予定は?
チャリツーどうですか?

全然関係ないけどK田さんはご無事のようで良かったけど、かぶと虫、当分無理かもね。

【2011/04/03 10:24】 URL | ひだかっちちち #vXeIqmFk [ 編集]


GWは旅行に行くかもしれないので、それと重なってなければウェルカムです。
カブトムシは、確かに難しいかもしれませんね。。
【2011/04/04 00:28】 URL | 天使 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。