おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車用スピーカーの修理 RockridgeSound
DSC06095.jpg
ハンドルにアタッチできる自転車用高出力スピーカー、ROCKRIDGE SOUND社のSound Pouch、今メーカーのHPを見てみたら、自転車に取り付けられるということはアピールしてないっすね。。昔はアピールしてたと思うけど。。
このサウンドポーチ、音響的にはよくできていて、単3乾電池2本で出力されるスピーカーとしては大音量なので、風切り音の大きな自転車に乗っていてもちゃんと聞こえるところがグッド。
が、しかし、最初の1つめは買って一週間でスピーカーの片方が外れてしまったので、新品交換してもらい、交換してもらったやつも1ヶ月ちょっとでまたスピーカーが外れてしまいました。
音は出ていたのでそのまま使い続けていたら、ついに先日音も出なくなったので、今回自分で中をあけて修理可能なかんじか確認してみた。

DSC06085.jpg DSC06086.jpg
見ての通り、半田付けや、樹脂をつける場所が雑。
音が出なくなった原因も見て明らかなとおり、断線(3カ所)です。
作り様の問題みたいですね。。がんばれ企業!

DSC06088.jpg DSC06090.jpg
断線した端子を半田付けして、また断線しそうなところを接着剤で補強。

DSC06089.jpg DSC06091.jpg
スピーカーも同様。断線した端子を半田付けして、接着剤で補強。

これでまた少し様子を見よう。。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。