おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトドアバイクデモに行ってきました。
朝、大雨の音で目が覚めた。
本当は自転車で行きたかったのですが、アウトドアバイクデモには車で行ってきました。
DSC04394.jpg
そしてカーボンバイクに試乗しまくりでした。
総じて試乗車は高額なモデルが多く、どれもこれもめちゃくちゃ軽い!!
片手でひょいっと持ち上げると信じられないくらい手ごたえがない。
そんなバイクをたくさん乗ってみて、感想を言わせていただくと。。

軽すぎるとちょっと不安。
え?負け惜しみに聞こえますか?


そうかもしれないけど。

ま、それを込みで言うと、、わずかな段差の乗り越えや、路面の荒れたところとかを走ると、見た目ぶっといカーボンフレームの皮の薄さみたいなものを感じる。
普段クロモリのスパジオに乗ってるからかもしれないけど、その感じが少々不安なのだ。

まあ、不安な感じというのは慣れてしまえばそれが普通になるのかも知れないけど。
そうなるとクロモリは重過ぎ!って感じるようになるのかな。。

やはり路面状況乗り方を考慮に入れて、バイクを選ぶべきだな、、と再確認です。
レースに出ないのであれば、ひたすら軽いのもちょっと考え物だなーと感じた本日の試乗でした。
以下、試乗車の写真です。

DSC04377.jpg DSC04378.jpg
本体よりサドルでチョイス。selleSMPのサドルはこのカッチカチのやつでもフィット感は安定的にある。までも硬すぎるかな。。バイクはすんごい軽かった。

DSC04379.jpg DSC04380.jpg
これも引き続きselleSMPのサドルがついてるものをチョイス。バイク本体はさらに軽い。。特にフロント周り。ハンドルの軽量化はアリかも、、と思った。

DSC04381.jpg
実はこのGIANT ESCAPE R3というバイクには興味があった。5万円台で買えるクロスバイクのベストセラーモデル。果たして実力は如何に?
結論、素晴らしいですな、これは。売れる理由が良くわかりました。
充分な軽さがあって、ワイドレンジをカバーするフロントトリプルギア。シフトチェンジもグリップシフトでラクラク。グリップの形にも工夫があって握りやすい。サドルはクッション性重視。
フラットバーなので身体が起き気味なポジションになること以外、非の打ち所がない。
コスト込みで考えれば、本当にお買い得モデルですな。。

DSC04382.jpg DSC04383.jpg
これもフルカーボン。軽い。サドルは取り付け角度が前上がりだったのがバッドポイント。

DSC04384.jpg DSC04385.jpg
TREKのMadone。このサドルも良かった。

DSC04386.jpg DSC04387.jpg
コルナゴのシクロクロス。

DSC04388.jpg DSC04389.jpg
ルイガノのRCS。

DSC04390.jpg DSC04391.jpg
電動アシストのクロスバイク。
低速時の、特に踏み出しのときにすごくアシストしてくれる。
頑張ってスピードを出すと、アシストしてくれない。
軽くゆっくり走るのがアシストをたくさん受けるコツですな(^^;)
なかなか面白かった。
バイク自体は重いよー。

DSC04392.jpg DSC04393.jpg
PENNAROLAのPLATINUM。
コンポがカンパニョーロのレコードだった。初レコード。ですが、写真をみて分かるようにハンドルがかなり前下がりに取り付けられてて残念な感じ。
それはそれとして、シフトアップするのに親指シフトなのは下ハンドルのときに操作できないので、良くないと思ったが。。

DSC04395.jpg
CACA-ZANのグローブ。職人による手作りなのでちょっと値が張りますが、折角香川県からはるばるこちらに来てるというチャンスでもあったので、指きりタイプ(L)と指つきタイプ(M)を購入。指きりタイプのほうが甲周りが窮屈だったので、これはLのほうにしました。
夜、家に帰ってきた後、指つきタイプで40キロほど走りました。
指周りのフィット感はグッド。手のひらの付け根あたりは少し滑る感じがあるか。
裁断の形はさすが職人の技を感じます。長く使い続けたいっす。

サイクルモードに比べれば、かなり小ぢんまりとしたイベントでしたが、その分試乗車があまり気味ですぐ乗れるのが良かった。
試乗コースも山岳コース(笑)なので、ギアの使い勝手や段差の乗り越えなんかも自然に試せてグッド。

3連休の初日で道路が混んでいたのを除けば、私にとってはとても有意義な一日でした。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。