おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日は、クランクを外してみた。
リアスプロケに引き続き、フロントスプロケ(チェーンリング)を掃除するため、クランクを外すことに挑戦してみました。

DSC04320.jpg DSC04319.jpg
クランクを外すためには、この専用工具「コッタレスクランク抜き工具」と8mmのアーレンキーを使います。

DSC04305.jpg DSC04306.jpg DSC04307.jpg
まずフィキシングボルトを8mmのアーレンキーで外し(写真左、中央)、
コッタレスクランク抜き工具をクランクにセットします(写真右、下の左)。

DSC04308.jpg DSC04309.jpg DSC04311.jpg
コッタレスクランク抜き工具に8mmのアーレンキーを刺し右に回すと、心棒が押し込まれ、BBを押し、クランクが抜けるというしくみです。
クランクさえ外れれば、スプロケをばらすのは簡単です。
お掃除お掃除。

DSC04310.jpg DSC04313.jpg
で、掃除前が左、掃除後が右。きれいになりました。

DSC04321.jpg DSC04317.jpg
取り付けは専用工具は使いません。
フィキシングボルトを締めこむだけ。これで圧入されます。
が、この作業は非常に力が要ります。
結局もとの場所まで圧入で戻すのはあと1mmくらいのところで断念。
だって壊しそうな気がしたんだもん。
というわけで、フロントディレイラーを外側に1mmずらし、再調整することで対応。

PS:
SPAZIOはスペック上ボトムブラケットはBB-ES25のはずなのですが、
BB-ES25はオクタリンク、実際はスクエアなので、これは誤植と思われます。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。