おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のオクラ君
DSC00560.jpg
今年もかわっちょにいただいた苗二株をプランターに植え替えました。。
どれだけ収穫できるかは、お天気とこまめな水やり次第。
楽しみですね!
スポンサーサイト
ここまでのブルベの結果
オダックスジャパンのページを見てみたら、こないだ走った600kmの結果もアップされていたので、ここまで走ったブルベの結果をグラフにして眺めてみました。
300kmのは積雪のため9月に延期ということで、200,400,600の3つのブルベの結果です。
グラフはエントリー者の所属の円グラフ(私は一般)と、結果の分布を示した棒グラフ(私は黄色)の2種類です。

200→400→600と、距離が長いのになると、一般の割合は減っていきますね。

image004_20100627122226.gifimage007_20100627122226.gif
200kmの結果です。エントリー者は112人でした。
お天気が良かったこともありますが、DNFの人数がたったの4人という結果。
私の初ブルベは完走者の中では平均よりちょい早いくらいの感じです。

image005_20100627122226.gifimage008_20100627122226.gif
400kmの結果。エントリー者は97人。
このときもお天気が良かった。DNFは200の倍の8人でした。
23時~26時の間に帰ってくる人が多いようで、私もこの中。

image006_20100627122226.gifimage009_20100627122226.gif
問題の600km。エントリー数は67人もいらっしゃったんですね。
DNSが15人、DNFは19人、ということで、会場に現れたのが52人、そのうち完走したのが33人ということになります。
ちなみに、リザルトがでて明らかになったのですが、私が完走者の中でビリ(39時間29分)だったようです。(^^;)
早い人だと31時間台ですか。。。星に帰ってください。(^^;)
ひさしぶりに何もしなかった休日
いや、実際は何もしなかったわけではないですが、、自転車には乗らない週末でした。

日本代表、オランダには負けちゃいましたね。残念。

石川選手、最終日頑張って欲しいですね。

庭木の剪定とか、たまったお仕事とかしてました。。

先週はブルベ以降、疲労とか雨とかでぱったり自転車に乗っていません。

明日からまた天気が良ければ自転車通勤に復帰です。
BRM612青葉600 ぎりぎり完走。。
BRM515青葉400に引き続きエントリーしていたBRM612青葉600に参加、完走してきました。
レポートします。
本来は時系列でご紹介すべきでしょうけど、長すぎてよく覚えていないし、うまくかけないだろうし、
印象に残ったこと順に箇条書きでお送りします。。



ところで今回のブルベ、何人の方が完走されたんでしょう?
仮眠所で私が出発した時点で宿に居た方々は、おそらくほぼ全員DNFだったと思われます。
そのぐらい私が体力、レース運びともに、ボーダーライン上だった。。

1、超過酷「鳥坂峠」を含めた山岳ブルベ
鳥坂峠は今回初めて走りました。登りはじめてから約11kmくらいあるので距離的にはヤビツと同じです。
がしかし、最大斜度は15%くらい?1速(F28-R25)にしてもまっすぐ登れない。。そんな激坂。でした。
しかもここを走るのは450kmを走り終えた後のタイミングと言うところがシンジラレナイ!!
さらに信じられないのは、そのあと一旦400mダウンヒルして、もう一度400m登ると言うコースセット。
坂道が好きな人でないとこのエリアでDNFを決意する(させられる)パターンが続出すると思われます。
今思うと青葉400の御坂峠がかわいく思えます。。
ちなみにトータルで獲得標高は6458mとなります。ワオ、クレイジー。
sDSC00496.jpg新鳥坂トンネル入り口

2、うっかり寝過ごさないように注意。朝1のPC(4)のクローズタイム。
結局仮眠の宿、「ロッジコスモス」を利用させていただき、1:30から3:30まで2時間ぐっすり仮眠を取得。
単純計算で通過の制限時間を考えると、仮眠後のPCが一番タイトなはずです。
私の場合は4時過ぎに走り始め、PC4のクローズタイムは8時半くらい(Qシートが若干間違ってるようで正確には不明。)
4時間半くらいの間で、約80km行かなければなりません。
結果からすると8時ちょいまえに到着できたのですが、、、後半が登りだったので、この間は落着かない心境で走ることになりました。。
sDSC00489.jpg sDSC00490.jpg
sDSC00495.jpg 諏訪湖へ行くときに通る、富士見峠

3、幸せのお風呂タイム on ブルベ。
仮眠所のロッジコスモスはお風呂も用意されていて、利用させていただいたのですが、いやー、お風呂最高っす。
ドロップバッグに入れておいた寝巻きに着替えて皆さんの隙間を使って雑魚寝。
意識を失ったかと思ったら次の瞬間アラームで起床。もう2時間寝ておりました。。

4、キューシート作成は念入りに。。
ちょっと慣れてきて気が緩んでいたのか、
トリップメーターの0クリア地点を30~50キロごとに設定したところまではよかった。
なのに、何箇所か、Qシート上の距離表示を0リセットし忘れてた。。その部分は元もとの区間距離で走ることを余儀なくされました。。

5、奄美の純黒糖
補給色としてのクオリティーは高い。とは言え初日の食べまくったところ、二日目には飽きが。。

6、馬油
結局オシリは痛くならなくはなかったのですが、何もしなかった400のときと比較すると、馬油を使った今回の600のほうがだいぶ楽になったのは間違いなし。
sDSC00470.jpgさすがに瓶ごと持っていけないので、小さな容器に詰め替えて持っていきました。

7、灼熱の初日。
初日の日中のコンディションは灼熱。
普段水分補給にはあまり気を使わないのですが、今日は一体何リットルの水分をとったのだろう。。
あまりに暑いので、日焼け止めとGATSBYのデオドラントボディーペーパー(ぬってひんやりするやつ)を購入。
sDSC00461.jpgGATSBYデオドラントボディーペーパー

8、トラブル対策
いえ、これは私のトラブルではないです。
他の強豪選手(?)の方に降りかかったトラブルなのですが、プーリーのネジがとれて紛失。
PC4の直後くらいのタイミング。
当然その状態ではシフトチェンジも走行もできなくなる状態。
彼はその場でチェーンをカット&つなぎ直して「固定ギヤ」にしてしまいました。
しかもその状態で鳥坂峠を含む後半を走り見事完走。。すごすぎです。。

9、吾妻渓谷(八ッ場ダム工事現場)
渓谷のあちこちに工事の爪あと、そして天空を走る工事中の道路。いったいどうなっちゃうんでしょう。。
sDSC00471.jpg sDSC00475.jpg sDSC00479.jpg sDSC00484.jpg
sDSC00478.jpg

10、ドロップバッグの中身。。
カッパ(初日の天気予報は晴れだったので)、寝巻きとパンツ、走行用の着替え、奄美純黒糖
sDSC00450.jpg

11、参加者の数
朝集まった感じでは40名~50名くらい
sDSC00454.jpg

---
なんだかんだ書いてますが、どうにか600を完走できて、自分を誇りに思います。
しかし、このコースを走ることは二度とないでしょう。。


あまりにも過酷すぎる。。(ほめ言葉)


よかった、、一回でクリアできて。。

---
記録
スタート 二ヶ領せせらぎ館前       6/12 07:10
PC1 セブンイレブン秩父宮地店     6/12 11:23
PC2 セブンイレブン吾妻岩下店     6/12 17:23
PC3 セブンイレブン山梨清里店     6/13 00:44
仮眠  ロッジコスモス 6/13 01:30-03:30
通過  セブンイレブン韮崎東店      6/13 05:05
PC4 セブンイレブン下諏訪一ッ浜店   6/13 07:54
PC5 セブンイレブン笛吹き石和小石和店 6/13 13:04
PC6 セブンイレブン山梨山中湖平野店  6/13 17:31
ゴール ローソンあざみ野駅前店      6/13 22:39

BRM612青葉600前半(スタート~仮眠所)
BRM612青葉600後半(仮眠所~ゴール)

休憩したコンビニMap

食べ物 5944円
飲み物 3529円
その他 4146円

sDSC00451.jpg sDSC00455.jpg sDSC00458.jpg sDSC00486.jpg sDSC00493.jpg

第7回Mt.Fujiヒルクライムレポート
去年に引き続き、参加してまいりました、第7回Mt.Fujiヒルクライム。
結果は去年より1分46秒タイムが良くなり、1時間27分50秒でゴールできました。
前日はちょっと雨がぱらついたものの、当日、特にレース開催中は非常に天気に恵まれ、気持イイヒルクライムレースでした。

第一部
ではともかく昨日からの流れを(レース部分を端折って)かいつまんでご紹介。

出発は5日の12時ごろ。レガシーにカルマを横向きにそのまま積み込み、それからスペアホイールを1セット。
sDSC00433.jpg

現地に到着は3時半ごろ。会場の北麓公園へ。駐車場はちょっと渋滞してて、20分くらい待ったかな。
ちょっと雨がぱらついています。
まず受付を済ませ、その場でカルマに計測チップを取り付け作業。カルマ君はこれで準備OK。
体育館に預けに行きます。
sDSC00437.jpg sDSC00441.jpg
バイクも預け終わるとちょうど4時半になって前夜祭がスタートしました。
sDSC00442.jpg
各社のブースを回り、掘り出し物が無いか物色。
軽量のハンドルが6000円くらいで売っていてすっごい欲しかった(元は1万6千円くらいするやつ)。
しかし今年はNew105のコンポを買う予定なので、ぐっと我慢。。
結局1000円で叩き売りしていたコットンキャップを3つ購入。通勤で毎日使うんで。。
焼きとうもろこしを食べたりしてお祭り気分満喫。
sDSC00443.jpg sDSC00445.jpg sDSC00446.jpg
結局抽選会まで居たのですが、何も当たらず。

そして6時ごろ宿へ到着。
ちなみに今年の宿泊の予約は富士急トラベルが一括受付していて、部屋のタイプで選ぶのでした。
私は一人なので、相部屋での予約をしたところ、
今回は3人の相部屋でした。あとのお二人もそれぞれ一人で来られていた方で、20代の若い人と60代のオヤジさん。
自転車話に花が咲き楽しい夜を過ごさせていただきました。
とは言え明日もあるので9時過ぎに就寝。
翌朝は3時10分に起床。
3時30分に朝ごはん。まだ暗い。雨は降ってないです。
4時ちょい過ぎに車で駐車場の富士急ハイランドに向かいました。
そしたら駐車場入り口のところでちょっとした渋滞になっていて、ちゃんと時間内に会場につけるのか少しあせった。
結局会場入りは5時15分くらい。
バイクを受け取り、宿で半分くらいしか出なかった残りを公園のトイレで軽量化完了。
ここでカメラを車の中に忘れていたことに気づくが、後の祭り。。
荷物を預け、スタート時間までのんびり過ごします。
が、足攣り防止にアクエリアスをがぶ飲みしたら、トイレに行きたくなって、スタート前に4回くらいいったっす。
おかげでゆっくりしてられず。。

そしていよいよ7時10分にスタート。
1時間27分50秒でゴール。
去年のタイムより1分46秒上回った!

あ、ゴール直前の最後の坂でラストスパートのダンシングをした瞬間、フロントホイールのカーボンスポークが一本切れました。
ゴール直前で助かった。。
おかげで下りは去年以上にゆっくりと下りました。。

カーボンスポークのホイールはデュラエースのハブを使ったチューブラーのリヤホイールにセットでついていたヤフオクで入手した中古品なので、そのうちこうなるだろうとは思っていたのですが、去年、今年と2回のヒルクライムに使えて元はとれたっす。普通のスポークに張替えしよっと。

帰りに紅富士の湯に寄り、途中眠くなってきたのでパーキングエリアで少し休憩し、家に戻ってきたのは4時くらいだったかな。
そんなヒルクライムでございました。。


今年のラップタイム
スタート 0:00
1合目  0:23
2合目  0:35
3合目  0:48
4合目  1:07
ゴール  1:27

去年の大会では5キロごとのスプリットタイムを計測していたのですが、今年は山岳スプリットの1キロ区間だけのタイム計測だけしかしてなかった。。
実は去年の5キロ、15キロ、山岳スプリットタイムをハンドル部分につけていたのですが、5キロ、15キロはおかげで無駄に。。
合目のタイムを記録しておいて良かった。。

sDSC00429.jpg sDSC00431.jpg

第二部
引き続き、レース中の様子のレポートです。

6時45分、アスリートクラスがスタートし、遅れること25分。7:10に我ら4000番台のスタートです。
胎内交差点まではゆっくりとパレード走行。ここでは抜かれまくり、、ですがタイム計測前ですからね。。

交差点を左折するとすぐ計測ポイントが。いよいよレーススタートです。
最初は急坂なので、速度は12キロくらいのスローペースで登りはじめます。ここで飛ばすと後が続かない。坂がゆるくなるまでじっとスローペースで我慢です。
去年は目標タイムを1時間50分くらいで申し込んでいたので、ずーっと抜きまくりでしたが、今回は同じレベルの集団の中なので、抜きつ抜かれつの状態で進みました。よりレースっぽいですね。
フレームに鈴をつけた方がいらっしゃって、この人とは途中で離れましたが4合目辺りでまた近づいたりとかして面白かった。
で、傾斜がゆるい所では20キロ超のペースになり、きついところでは12、13キロくらいに落ち、平均15~16キロくらいで登っていきます。
1合目の看板までは、去年のペースでは19分くらいの予定だったのですが、今回23分かかってしまった。何故だ!?看板の位置が変わったのか?とよく分からないまま2合目へ。2合目は予定通りの35分で通過。
ということは、実際に看板の位置が変わったのか、もしくは単に去年の1合目の通過時間の勘違いか。。
までもペース的には問題ないことが分かったので、そのまま進みます。
3合目通過タイムは去年のタイムより2分くらい短縮していました。
3合目と4合目の途中で富永アナウンサーをパス。一応「がんばりましょー」と声をかけた。
4合目も2分弱のアドバンテージをキープしたまま通過。
残り5キロくらいで少しフラットになったので、ここが最後の平坦区間か?と勘違いしてスパートを少しかけてみたところ、、、またすぐに傾斜が急になってがっかり。
冷静に考えたらまだ山岳スプリットポイントより前でした。。
山岳スプリットポイントもアドバンテージをキープ。
で、ゴール2キロ手前くらいでようやくフラット区間に突入。30キロくらいまで速度を上げ、最後のもがき。
フラット区間終了後、最後の急坂ではときどきダンシングを混ぜながら、出来る限り前へ前へ。
ゴール直前、フロントホイールから「バチッ」と何かが音をたてた。

sDSC00448.jpg
瞬間これはカーボンスポークが折れたんだろうと推測。しかしゴール直前だったので、ダンシングはやめてシッティングにしたもののそのままゴールしました。
ゴールではガッツポーズも忘れずに。。

一人での参加はちょっと寂しいけど、天気にも恵まれ、楽しいヒルクライムでした。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

記録更新

カメラを車に忘れた!!仕方ないので携帯のカメラです。
無事完走しました。タイムは1:27:50昨年の自分を1分46秒更新したよ!
詳細はまた後で。

富士山にレッツゴー

いよいよ明日はMt.FUJIヒルクライム。
カルマくん出陣です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。