おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KUOTA KHARMA 150km走行後インプレッション
今日はカルマ君にがっつり150km乗ってきました。
そのツーリングの様子と、カルマ君のインプレッションをレポートします。
DSC05778.jpg

長文につき、ご容赦。

と、その前にカルマ君のスペックをおさらいしておきます。
フレーム:KUOTA KHARMA 2010、白赤、サイズS
コンポーネント:SHIMANO 6700系 ULTEGRA トリプルクランク
スプロケ:12-25T
ホイール:RAYNOLDS SOLITUDE リム高31mm
タイヤ:MICHELIN LITHION 赤 23C
チューブ:PANARACER R-Air 18-23c ロングバルブ
ペダル:SHIMANO PD-A520
サドル:Selle SMP Strike Composit
ステム:Ritchey Comp OS 10cm
ハンドル:Ritchey Comp OS 42cm external(センターセンターでは40cm)
ちなみに、写真の装備込みの重量:8.8kg

初のロングと言うことで、でだしはサドルポジションの調整をしながらのんびり走りました。
お気に入りのサドルselle SMP strike Compositはほとんどクッションが無いので、きっちり調整しないとならんです。
シートポストをちょっと下げ、KUOTAの文字がちょっと隠れてしまった。んーー残念。でもしょうがない。

ポジションが出て本格的に走り始めました。
今日は横浜を出て、三浦半島を一周し、134号線を湘南大橋まで走って、1号線で帰ってくる約150kmのコース。

走ると気づく。さすがにスパジオよりも高い速度を維持するのがラクですな。
車重にして4キロも違うので当然と言えば当然ですが、それが車重の違いから来るのか、ホイールの違いなのかまでは今の時点ではわかりません。
そんなに頑張らなくても30km巡航可能な感じです。
スピードが出やすいのと同時に、スピードが落ちにくいような感じです。
それと当然のことながら、上り坂はスパジオ君よりだいぶラクです。
選択するギヤも高めでOK。上りのスピードがスパジオ君より上がるのでとそのまま下りへスムーズにつながり結果として全体の速度も上がるってわけです。。

乗り心地はというと、スパジオ君とカルマ君、どちらもあまり変わらないんじゃないかな。。
他のフレームにはがっつり乗ったことが無いのでわかりませんが、カルマ君は固くはないことは間違いないっすね。。
ただ、カルマ君はフルカーボン。走っていると軽くてダウンチューブが薄いのが感じられ最初は不安な感じがしました。
金属バット(スパジオ)とプラスティックバット(カルマ)の違いのような感じですな。。
帰る頃には慣れてしまって、特に不安には思わなくなってましたが。。

こんなふうに書くと (スパジオ君)<(カルマ君) と思ってるかのようですが、実はそうでもないです。
例えるならGパンとスーツ。そういう違いが2者にはあります。
確かにスパジオ君は重いのでスピードのノリは劣るかもしれませんが、丈夫なスチールフレームとドロヨケとキャリアが付けられ、荷物を積めます。
多少荒っぽく扱ってもビクともしない頑強さがとても頼もしい。それにスピードだって遅いわけじゃないしね。
性格の違う2人の美人というところっすよ(^^;)。

そうそう、走り出して20キロくらい行った頃にリヤディレイラーあたりから異音が聞こえてきました。
何かが共振しているようなかすかなビビリ音。。
調べてみたら、携帯ポンプのハンドルと本体のわずかな隙間が路面の段差越えのときビビッておりました。
とりつけのゴムをハンドルと本体の両方にかかるようにして、解決。

それとハンドルの形状ですが、ブラケットの上部に手をのせる通常のポジションは問題なし。
6700アルテグラの上部は平らな範囲がティアグラよりも広いので、のっけやすいです。
ただ、下ハンを握ったときのレバーまでの距離がちょっと遠い状態でした。。
一回ブラケットの位置を見直すべきですな。。少し下にずらしたほうがいいと思います。。
変速性能は確かにアルテグラのほうが上ですが、、速度にはあまり影響ないので、ティアグラでも全く問題ないです。
ティアグラは手元でギヤポジションが分かるので便利っす。
今回アルテグラにした最大の理由は、、変速用のワイヤーの取り回しの違いです。
見た目がかっこいいっしょ。それに大きなフロントバッグが取り付け可能です。。
だから本当はスパジオ君にこそ、アルテグラがいいと思っています。
金銭的な問題があるので、すぐにとはいきませんが、いずれああいったタイプのもの(105やTiagraが同じようなワイヤーの取り回しになってくれればそれでOK)に変えたいと思います。

今のカルマ君の装備です。。
ハンドル部分にLEDの前照灯。スパジオ君用に買ったので黄色ですが。。
それとe*meters。
DSC05791.jpg

ダウンチューブにはボトルケージ(ついてた)と携帯ポンプ。携帯ポンプは軽さと見た目でこれにしてみました。
DSC05792.jpg

サドル部分にはサドルバッグとテールランプ、そして鍵です。
サドルバッグもスパジオ君用に買ったものなので、青ですが。。
サドルバッグの中は予備のチューブとタイヤレバー3本と携帯工具。
そう言えば反射板はまだつけてないなぁ。。
DSC05790.jpg

ペダルはSPDペダル。ロード用のを買う気は今のところなし。。
DSC05793.jpg



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。