おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KHARMA君、到着そして、組み立て編
海外通販で発注した、カルマ君です。
本日はその到着から組み上げまでの様子をレポートしたいと思います。。
まず、到着した箱はこんな感じ。
sDSC05699.jpg sDSC05700.jpg sDSC05702.jpg sDSC05703.jpg

が、しかーし、一箇所穴が開いてるぅ~。
sDSC05701.jpg

中を見てみましょう。
ふむふむ。大丈夫そうかな。特にフレームに傷とかはついてなさそうっす。
sDSC05704.jpg sDSC05705.jpg sDSC05706.jpg
sDSC05708.jpg sDSC05709.jpg sDSC05710.jpg

そして中には付属品の入った箱です。
sDSC05711.jpg
むむ、シートポストが飛び出てるぅ。がしかし、長さ的にしかたが無い感じ。計算づくの飛び出てる状態のようですな。

中身は、こんな感じ。
sDSC05712.jpg sDSC05713.jpg sDSC05714.jpg
レイノルズのホイール専用のニップルレンチ、バーテープ、フロントホイールのクイックリリース、サドル、どこのか分からないけど、目隠し的なゴム部品2つ、STIレバーのスペーサー、そしてシートポスト。

いや、実はよくよく探すとここには写ってない部品が1つ、箱の中に張り付いていたんです。
それは後から出てきます。。

で、フレームを出すとこんな状態です。
sDSC05715.jpg sDSC05719.jpg

うひひ。トリプルクランク。このために海外通販したみたいなものです。

で、でかいダンボールを片付けるため振ってみたら、何かダンボール内でコロコロいってるぅ~。
で、こんな部品が出てきました。
sDSC05716.jpg
んんん~~?コレ何?
良く分かりませんが、ダンボールの穴から出てなくて良かった~。
でもあの穴から何か流出してないか、心配です。。
ま、気にしてても始まらないので、続きです。

フレームとハンドルのエアーキャップ(プチプチ君)を外し、ハンドルをまっすぐにします。
sDSC05718.jpg

で、フロントホイールを取り付けます。
sDSC05720.jpg

あとはシートポストと、バーテープですな。
さて、シートポストです。

で、小物の箱の中から、ゴムのワッシャーみたいのが出てきました。
つまり、シートポストの関連らしき部品群がこちら。
sDSC05721.jpg

組み立て方、、みたいな説明書は一切なかったので、自力で組み上げないとなりません。
しかし、このシートポストのやぐらは見たことがない感じです。。

コロコロしていたネジは、やぐらを固定するためのネジに間違いありません。
だけど、この状態では、固定できないじゃん。。。
sDSC05722.jpg sDSC05723.jpg

と、ここでひらめきました。
このネジはシートポストの中から飛び出るんですな。
で、落ちないように、ゴムのワッシャーを上から被せるのだ!!
sDSC05724.jpg

で、このようにバッチリ固定できるようになるんです!!
sDSC05726.jpg

、、、、汗。
穴からおっこちてなくて良かったぁ。。。。

お次はシートポストの差込です。

カーボンシートポストはこの金属部品で押えることで固定します。
sDSC05730.jpg sDSC05729.jpg

はい。金属部品がシートチューブに落ちないよう、気をつけながらシートポストを差込みます。
sDSC05731.jpg sDSC05733.jpg sDSC05734.jpg

で、シートポストの固定は、本来トルクレンチで管理する必要があるのですが、持ってるトルクレンチの管理可能エリアが、合ってなくて、使えなくて、適当なトルクで締めました。シートポストが割れない程度に軽く固定しておけばOK。

sDSC05735.jpg
はい、シートは付属のフィジークではなく、先日Mt.富士ヒルクライムのとき入手していた中古のSMP Compositを使います。

お次は、バーテープ巻きです。

6700アルテグラはブレーキワイヤーとシフトワイヤー、両方をハンドルバーに這わせるため、このように処理されています。
sDSC05737.jpg sDSC05738.jpg
これって、ウィング状になってて、握りやすいんじゃないっすか~?ステキ。

そしてバーテープ。付属のバーテープは黒。でもこのフレームには白でしょう~ってことで、あらかじめ購入していた白いバーテープを巻きます。
そして完成!!
sDSC05741.jpg sDSC05742.jpg
うーん、我ながらかっこいい~。。。。。。うふ。

新旧マシンでございます。
sDSC05743_20100112003946.jpg

ポジションを一緒にして、グー!

と、言うわけで、海外通販を総括っす。

今回、危険回避できてよかったですが、シートポストのやぐらの部品、、運が悪いと紛失してました。
そして、取り付け方法の説明書が一切無かったので、もし部品が無くなっていたら、謎の状態になってしまいます。
その場合は、エイゴでアンドレアベラッチとやり取りするか、インターマックスにその辺を質問するしかないっすね。。。

また、トリセツなし、サポートなしなので、ロードバイク初心者というか、メカ的な知識がない場合、お勧めできませんね。。

ただ、金銭的なメリットはかなりあります。
30万円クラスの場合、10万円くらい安くなります。

今回、KUOTA KHARMAにアルテグラ、ホイールはレイノルズソリチュードを選択して、約22万円でしたから。。
それから、トリプルクランクを選べたり、サドル、ステム長など、そういったカスタマイズにも応じてもらえると言うメリットもあります。

で、完成した状態で、一つ問題が。。いや問題っていうほどのことでもないかな。。

ハンドルを握ってみたら、ワイヤーの取り回しの関係でバーの肩の部分の高さがちょっと違って違和感がしました。
なので、左側のバーテープを巻きなおし、中のワイヤーをグイッと押して、左右のバランスが同じになるよう、修正。

それから、ホイールが31ミリのリム高があるちょっとディープなリムにしたのですが、チューブはデフォルトのままだったので、リムから出るバルブの頭の長さが短っ!普通のフロアポンプでは空気が入らない状態でした。
ただ、チューブは100gもある安チューブだったんで、早々にR-Airのロングバルブ(66g)に変更しちゃったので、どってことは無かったですが。。

2010/01/13 追記
通関手続きについて。。税関

20万を超えると、輸入手続きが必要になるのかな~、と思って覚悟してたのですが、結局それはなく、いきなり届き、税金は3500円でした。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。