おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainbow
rainbow_20081129.jpg
今日はお昼ちょいまえから多摩川のサイクリングロードを上流へと走ってきました。
2時過ぎころだったかな?お天気雨がパラッと降って来たのですが、ふと右を見るとすっごい立派な虹が。
よく見ると虹の内側にさらに虹が、そしてその内側にさらに小さな虹、、3重くらいに重なった虹でした。。
思わずチャリを停めて写真をとりまくり。
待ち受け画面も虹とスパジオでーす。

ちなみに、羽村まではサイクリングロードがあることが分かりました。。

----
走行データ
走行距離:131.47km
走行時間:5:27'56
平均速度:24km/h

スポンサーサイト
HAPPY FLIGHT
現在上映中の映画です。
飛行機、飛行場にまつわる人々の群像劇。
いやー面白かった。多分DVD買うよ。。
管制官の人たちって映画の中でそうだったように、本当に私服で仕事してるんだよね。
通常時はすんごいリラックスした雰囲気で。
ちゃんと取材してるんだな~って感心しました。

もしまだ見てない方いらっしゃいましたら、お勧め!
HAPPY FLIGHT
I love coffee.
kandaizi.jpg

うちの近所に「豆工房、コーヒーロースト」っていうコーヒー専門店がちょっと前にできたんです。
ちょっと前って言っても、既に数年経ってるかも。。ってくらいですが。

コーヒー好きな私は、気にはなっていたのですが、先日初めてこのお店でコーヒーを買ってみました。

お店に入ると世界各地の豆が樽に入って陳列されてます。
店の奥にはロースターって言うんですか?豆を焼く機械が4つくらい並んでいて、中央のテーブルには豆を挽く機械がドンとおいてあります。

200g単位の計り売りで、だいたい800円から1000円くらい。
その場で豆をローストして必要に応じて挽くので、少し待たねばなりません。
が、その間、コーヒーを一杯サービスしてくれると言う気の利いたサービスがありグッド。
おいしいコーヒーのためにはそのくらいの時間は我慢我慢。

ということで、インドネシア産の「マンデリン、トバコ」とか言う苦い系のコーヒーをGET.
早速おうちに帰って、いただいてみました。

驚いたのは香りの強さ。
これはこの豆の特徴、、というよりはおそらくローストして挽いた直後だからなんだと思います。
その後数日間はコーヒーを淹れなくても香りがしておりました。。マジです。

ちゅーわけで、こりゃええ!と。このお店のお得意様になろっと。
雨の日は、工作っす。
DSC03763.jpg
今日は一日どんよりした天気だったので、フロント周りを少しいじってみました。
元ネタは、技術アイデア賞です。果たしてうまく加工できるか。。

DSC03400.jpg
昔の写真ですが、、素の状態です。
ステムのボルトはM5の六角レンチのタイプ。
まずは延長することに挑戦。

DSC03736.jpg
最初は長いボルトにスペーサーを噛ませてみました。。
が、市販のスペーサーは一枚の板を丸めてあるだけで、チューブではないため、トルクをかけて締めこむと、簡単に変形してしまいます。こりゃダメだ。

DSC03737.jpg DSC03738.jpg DSC03744.jpg
それではと、ステンレスのチューブ(内径5mm、外形6mmのやつ)を買ってきて、必要な長さにカットして使う方法でやってみます。
最初グラインダーで切ってみようとしたのですが、、うまく切れない。。
よく考えたらパイプカッターを持ってんじゃん。ってことで、パイプカッターで難なくカット完了。
で、ネジに嵌めてみたら、、。途中までしか入らん!
パイプカッターだとどうしても切断面が盛り上がってしまうのですね。。

DSC03741.jpg DSC03742.jpg DSC03743.jpg DSC03739.jpg
穴をのぞくと向こう側に盛り上がってる部分が黒く陰になって見えます。
ヤスリで削ると、、
おー、盛り上がりが消えた!
というわけで、無事ネジにはめることができました。

DSC03745.jpg
必要なのは4本ですが、ばらつくことを考慮して、6本カットしました。
左のちょっと長めになった2本は没。右の4本を使用します。

DSC03752.jpg
というわけで、ステムに使ってみました。ぐいぐい締めても問題なし!これならいけます。

DSC03762.jpg
そして、シンプソン金具を少しカットしたL字型の金具を取り付け、さらにエクステンドバーの先っちょの丸い部分をこっちに流用します。
おー、いい感じ。
けっこうしっかりしてる。ただ、エクステンドバーの部分にはあまり重いものを取り付けるのは避けたほうがいいかも。細くなったプレートのところで振動してしまいそう。

DSC03760.jpg DSC03761.jpg
通勤仕様はこんな感じかな。。
今日はこれまで。。
サイクルモード2008
DSC03702.jpg

今日は幕張メッセで開催中のサイクルモード2008に行ってきました。
ANCHORのネオコットフレームのRNC7っちゅー自転車に試乗するのが最大の目的で。
それとアルミとかカーボンとかのロードバイクにも乗ってみたかった。
おかげで、全部で14台のさまざまな自転車に試乗し、バイクウェアのファッションショーを見、ツーキニスト疋田氏のトークショーを聴き、有意義な一日でした。

14台乗って、悟りました。

正直、ロードバイクはどれもイイ。アルミのロードバイクもフルカーボンのロードバイクもクロモリのロードバイクも、はてはシクロクロスでも、走りの優劣はほとんど誤差。
コンポはシマノばかりでしたが、SoraからDuraAceまで乗りましたが、どれも変わらん。

それより、サドルです!尻から、、あ、いや、目からうろこが落ちましたよ。
後から考えたらあのバイクは女性用モデルだったみたいですが、サドルがキモチイかった。。
これなら、いつまででも乗っていられるんじゃないだろうか、、と思うほどでした。

その後は、バイク本体というよりも、サドルに注目して試乗をしたことは言うまでもありません。
その結果、どうも私の尻はSMPがよさそうであることが判明。
見た目の形がかなり特異ですが、あの形がちょうど尻のカーブにフィットするようです。
両手でふんわり下から支えられているような感じ。

フレームやホイールより、サドルです!
というのが本日の結論。

それはそれとして、今日乗った試乗車を一気に紹介します。
DSC03703.jpgいきなりミニベロですがなにか?
小回りが利いて街のりにはこんなんで充分かも。私は欲しくないですが。

DSC03704.jpgスペシャライズドのアルミバイク(たぶん)。
充分な軽さで乗り心地も悪くないっす。アルミは硬い硬いっていう先入観があったのですが、あまり分からんかった。べつにこれでロングライドしても特段問題なさそうな気がする。。

DSC03705.jpgメリダのマウンテンバイクにも乗ってみた。
前後とも贅沢なサスペンションで、乗り心地ふわふわ。平地で漕ぐとリアサスの影響でかえって疲れる。アスファルトではリアサスは不要だわ。。
ラフロードを想定したコースではこのサスのおかげで乗り心地グッド。

DSC03706.jpgTREKの(たぶん)アルミロード。
ロードバイクはどれも走りがよくて優劣の差がわかりません。。

DSC03707.jpgパナのクロモリロード。
ロードはどれも走りがよくて、、。
ちなみに、チタンのバイクもあったけど、乗ってません。。

DSC03708.jpgMASIのツーリング車。
クロモリフレーム。今乗ってるスパジオに最もコンセプトが近い。
ロードはどれも走りが。。

DSC03710.jpg DSC03711.jpgJAMISのどうやら女性向けのフラットバーロード。(汗)
このサドルがすごくよかった。このサドル、、本気で買おうかと思ってます。サンマルコね。。

DSC03712.jpggan wellの(たぶん)アルミロード。
ロードバイクは走りが。。

DSC03713.jpgラレーのシクロクロス。CRCっていうモデル。
多分アルミ。ロードは走りがよくて。。

DSC03716.jpgようやく乗れた、ANCHOR RNC7。
クロモリロードの最高峰と言われている。サイズが53と少々大きかったが、さほど問題なし。意外とかっちりしてたよ。
ロードバイクは走りがよくて、どれも優劣付けがたい。。。
本当に誤差の範囲ですな。。

DSC03720.jpgDuraAceの試乗車。
電動のほうは混んでて乗れなかったけど、ワイヤードのほうは待たずに乗れた。
DuraAce自体のすごさはよく分からなかったけど、このバイク、間違いなくフルカーボン。一体いくらするんだろう?持ってみると、めちゃくちゃ軽いっす。
とは言え、走りは誤差の範囲。。私には宝の持ち腐れだね。間違いない。

DSC03731.jpg DSC03732.jpgKONAのウーマンズモデル。
このバイクのサドルは本気でキモチよかった。普通のロードバイクのサドルがパイプ椅子なら、こっちはソファーですよ。股間の部分の幅がちょっと太いので、これをこのまま少し細身にした感じのがあると、バッチリです。これに乗った瞬間、「あ゛ーーーーー!!!!これだーー!!!」って心で叫んでた。

DSC03733.jpgシングルスピードのフラットバークロスバイク。
これもサドルの形がよさそうだったので、乗ってみたら、やっぱりよかった。
このバイクはフレームサイズがちょっと大きかったなぁ。タイヤもゴツゴツしていて、田舎道をいくのにいい感じだ。都会じゃちょっとコンセプト的にピントがずれている気がする。

DSC03734.jpg DSC03735.jpgミズタニ自転車においてあった、試乗車。
サドルがSELLE SMPだったので、終了間際だったけど、急いで試乗させてもらいました。
形はやっぱりいいです。ただ、このサドルはクッションがほとんどないタイプだったので、さすがにこれはきついかなと思った。ちなみにこれのコンポは新型DuraAce(7900系)でした。。

試乗車は以上。。。

遅くなりましたが、その他のネタを少し。。

DSC03718.jpg DSC03717.jpg
入り口、会場。

DSC03724.jpg自転車用ウェアのファッションショー。

DSC03725.jpgミスターツーキニスト、疋田氏のトークショー。

DSC03728.jpgシマノ臨海ブースではマッサージ講座をやってました。
トレーナーの彼女がかわゆい~。(^^;)

道路の左端で、逆走を叫ぶ、オヤジ
自転車通勤を始めて一週間ちょい経ちました。
この間主に国道1号線を使って走っておったわけですが、走っているといろいろ気づくこともありますな。

意外だったのは国道1号線は思ったより走りやすいこと。
変に裏道とかよりはよほど走りやすい。
常時片側2車線で、場所によっては3車線と道幅が広いので、
例え駐車車両があっても、膨らんで避けるのに比較的危険な状況にならない。
むしろ駐車車両があると、その車線は自転車専用道路っぽくなることすらある。
特に朝は都心に近づくにつれそういう状態で、自転車のアドバンテージがグーンとアップするポイントである。

それと、走りにくくしている気になることベスト3を発表~~。

第3位:駐車車両
そうは言ってもやっぱり膨らんで避けなきゃならないので、すんごく邪魔です。基本的に。
膨らむときにはどうしても後方確認しなきゃならないので、その後ろを振り返るときが緊張します。

第2位:路線バス
路線バスとロードバイクは永遠のライバルか?
停留所で抜くものの、併走となるとエンジンのついた向こうが早い。
抜かれるときもドキドキ。抜くときもだけど。
まあでも乱暴な運転する人は少ないので、ジェントルに走ってる分にはそれほど危険は感じないかな。

第1位:逆走チャリンコ
ま、なんつってもこれが気になります。
左端を走ってたら前方から車道を走ってくるチャリ。
完全に交通ルール知らないやつ。
状況によってはこっちが車道側に膨らんでよけなきゃならない。
納得いかーん!
と言うわけで、「逆走じゃーコラ!」」と叫ぶことにしています。
国道1号線でそんな「逆走!」と叫ぶオヤジがいたら、私かもしれません。

多摩川サイクリングロード
DSC03690.jpg DSC03691.jpg
今日は多摩川サイクリングロードを走ってみました。
1号線から右岸に入って延々上流へ向かって走り、是政橋(そこから先は道がなかった)で左岸に渡り、多摩川と残堀川の合流地点くらいまで行って、帰って来ました。
帰りはずーっと左岸を通ってきた。
まだまだ先に道があるようです。また今度来てみよう。

右岸と左岸は微妙に路面のコンディションが違っていて、ロードで走るなら時々スイッチしながら行った方が快適みたい。
次回はWikipediaを参照してから行こうかな。

DSC03692.jpg DSC03693.jpg
今日はカーステならぬ、チャリステ(?)、、電池駆動のスピーカー+ウォークマンで音楽やPodcastのラジオ番組を聞きながら心地よいサイクリングを楽しみました。
スピードが出ちゃうと風切り音でよく聞こえなくなっちゃうけどね。。

DSC03695.jpg DSC03696.jpg
折り返し地点の近くには鯉や鴨の生息している小川もありました。

走行データ
走行距離:109.92km
走行時間:5:25:48
平均速度:20.2km/h
最高速度:45.4km/h



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。