おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月26日の箱根ツーリング
120キロツーリングまでは経験したので、次は180キロに挑戦ってことで、無謀にも箱根ツーリングにチャレンジしてきました。。



今回は相当な長丁場が予想されます。
水分補給にペットボトルを買出ししてたら不経済と思われるため、オフバイクレース用のキャメルバック(2L)を背負って出発です。
朝6時半ごろ家を出発し、小田原到着が9時半くらい。
134号と1号には結構ロードバイクに乗っている人がいて、ついついペースがあがります。
これから峠越えなのに、ちょっと頑張りすぎたかも。。
=== 走行データ ===
横浜~早川口
区間距離:62.58km
走行時間:2:26
平均速度:25.7km/h
================

早川口からすぐのコンビニで休憩です。
3時間弱の間にキャメルバックを飲み干してしまったので、買出し。
食料と水分
うわさの(?)ひとくち羊羹(一個70円)とウィダーインエナジーは非常食。
キャメルバック用に氷(500g)とドリンク1L、そしておにぎり。
ここで、おにぎりとひとくち羊羹1つを食べ、峠にそなえます。

そして、旧東海道へレッツゴー!
と登りはじめた途端、おなかがゴロゴロいいだしまして、近くのホテルにトイレを借りに直行。
ふぅ~、危なかった。無事軽量化も済んだと言うことで改めてレッツゴー。

旧街道を登坂中
木漏れ日がきれいです。そして日暮の声。上り坂でなければどんなに清清しいことでしょう。
しかし、延々と上りです。最初のほうはまあまあ元気に上っていたのですが、やっぱきつい。

頑張るけど無理しない、、というポリシーから、疲れたらとにかく休憩します。
途中何台もの自転車に抜かれ、登山者にも休憩中に抜かれ、と、走り的には満足のいくようなものでは到底ありません。途中でウィダーインゼリーは早々に食べました。羊羹は甘すぎるので食べる気にならず。。
どうにかこうにか、甘酒茶屋に到着。ここで給水です。
ちょっと変わったホット麦茶がサービスされていたので、持ってきた羊羹をいただきました。
いやー、こりゃうめー。
休憩も充分とれたので、再びスタート。
程なくして登り区間はついに終了。少し下って、芦ノ湖に到着です!感動!
芦ノ湖到着
途中の七曲あたりが本当にきつかったー。
このあと大観山までまだ上り残ってるかと思うと、少々ブルーなキモチになりますが、ここまでの達成感だけでも相当なものです。
=== 走行データ ===(下記走行データには停止中の時間は含まれません。)
早川口~芦ノ湖
区間距離:15.84km
走行時間:1:27
平均速度:10.9km/h
================

そしてここから大観山まで最後の上り!
あれ?あれれ?さっきより楽。。何故なんだろうか?理由は分かりませんが、芦ノ湖から大観山までの区間は休憩なしで一気に上れました。慣れかな?それとも傾斜が楽なのかな。。まあいいや。
箱根の野菜カレー
昼も過ぎていたのでここで昼食。
箱根の山頂は残念ながらガスっていてまわりは真っ白。景観は残念な結果でした。
=== 走行データ ===
芦ノ湖~大観山
区間距離:8.94km
走行時間:0:31
平均速度:17.3km/h
================
走行データを見ても、かなりよいペースで登れてます。

さて、ここからは椿ラインを使って一気に下ります。
気持ちイイー。
=== 走行データ ===
大観山~湯河原
区間距離:12.34km
走行時間:0:26
平均速度:28.5km/h
================
途中で前を走っていた車に追いつきました。(^^;)
さすがに抜かなかったけどね。あの車がいなかったらもっとアベレージあがってたよ。

さて湯河原からは真鶴道路(有料)で小田原へ。有料といっても自転車は20円だけどね。
ただ、この道は車がハイペースで飛ばすので、自転車は辛い(こわい)ですな。
途中疲れたので、海辺にバイクを止めて休憩。
名も知らぬ海岸

そして無事小田原に戻ってきました。あとはひたすら1号線を帰ります。
って、これが長かった。来るときはハイペースであっと言う間っていう印象だったのに、帰りは行けども行けども進まない。
疲労もとっくにピークに達していて、漕ぐ足に力が入りません。
軽いギヤでゆっくりゆっくり進みます。
茅ヶ崎の手前で、無性に蕎麦が食べたくなり蕎麦屋にGo!ざる蕎麦大盛り!

そして保土ヶ谷の手前で日も落ちてしまい、夕食。
一人肉パーティーです。
スペアリブ2本

そしてようやく家に着きましたとさ。

=== 走行データ ===
湯河原~横浜
区間距離:78.78km
走行時間:3:53
平均速度:20.3km/h
================

=== 走行データ ===
トータル
区間距離:178.48km
走行時間:8:43
平均速度:20.4km/h
================

箱根の山を走ってみて分かったことは、家の前の坂のほうが箱根より激坂だったってことか。(^^;)

あと、SPAZIOにデフォルトでついていたペダルはダメだね。いくらネジを締めてもギチギチ音がする。
PD-A530に交換しよう。。

それから今回使用してみた、チェーンリング52Tですが、イイ!
50キロくらいまで踏めます。リアのカセットスプロケはそのままなので、軽いほうはそのままだし。
とりあえずこの設定でOKかな。チェーンは少し長くしたほうがいいかもしれないけど、当面はいいか。

スポンサーサイト
チェーンリング48T->52T
チェーンリング交換

GIOS SPAZIOはツーリング車なので、もともとローギヤでのんびり走るようなセッティングがされている。
なので、下り坂ではあっさりトップギヤに入ってしまう。
そこで、一番外側のチェーンリングの歯数を増やしてみた。
ヤフオクで落としたのがたまたま色が黒いので、見た目も少々引き締まる感じになった。
フロントディレイラーの調整は若干適当ではあるものの、ちゃんとシフトチェンジできるようなので、まあ、大丈夫でしょ。

48Tから52Tに4T増えたから、10%UP。これはかなり違いそうだ。

早速明日はこれで遠出じゃ。
2008年7月19日の昼ツーリング
今日は昼からツーリング。前回80kmコースだったので、少し距離を伸ばして110kmコースにしてみました。
===往路===

===復路===

80kmくらいのところで腹が減ったので、お団子食べてエネルギーチャージ!
やっぱり110km、疲れました。
そうそう、帰り道でペダルあたりから漕ぐたびに「ミチッ、、ミチッ、、」と異音がするな~と思って調べてみたら、、
ペダルのビスが緩んでました。
ペダルのビスが緩んでました。(T-T)
一個のビスは既に脱落してるし。。
とりあえず残りのビスを増し締めして帰ってきました。

ツーリングデータ
Time 5:11'28
dst 116.93km
Av 22.5km/h
Mx 61.0km/h
2008年7月12日の朝ツーリング

今日は朝7時ごろからスタートして80キロほどツーリングしてきました。
さすがに疲れたー。

ツーリングデータ
Time 3:26'04
dst 82.38km
Av 23.9km/h
Mx 55.7km/h


カセットスプロケットの互換性とか
CS-6500

GIOS SPAZIOのカセットスプロケットはSHIMANO TIAGRAのCS-HG50-9 12/25T というモデル。
フロントはトリプルで、全体的にローギヤードなんです。ツーリング車ということもあり。

しかし、ここんところ走っていて、トップギアに案外簡単に入ってしまうので、私にとってはもう少しハイギヤードに振りたい欲求がふつふつと沸いてきています。
そのためには方法は2つあります。

1つめ、リアのカセットスプロケットのトップを12Tより小さくする。
2つめ、フロントのチェーンリングの歯数を増やす。

で、現実的にはリア、カセットスプロケットを11Tからのに変更する方法かなぁ~。
ということで、ちょっと調査。

そもそも、CS-HG50には、ロード用とMTB用の2系統あって、MTB用はワイドレシオ11/34とかになってて、ちょっと今回の目的とは違うかというところ。
よって、ロード用として考えると、
11/25というのがあるらしい。ただ、そうすると、現在とどう変わるか、

現在 12/25T 12-13-14-15-17-19-21-23-25T
交換 11/25T 11-12-13-15-17-19-21-23-25T

11Tにすると14Tが抜けるので、そこのギアのつながりが若干気になります。

他には、旧アルテグラ、デュラエース等のスプロケを使うこともできそうです。
ULTEGRA CS-6500(9速)/DURA-ACE CS-7700
  11/21T 11-12-13-14-15-16-17-19-21T
  11/23T 11-12-13-14-15-17-19-21-23T

ギアのつながりとワイドレシオのバランスを考えると11/23Tがベストかな。!
お値段的にDURA-ACEはなしだね。そうすると アルテグラの CS-6500の11/23Tあたりが候補かな。

さらに言うと、フロントスプロケ、つまりはチェーンリングの方も48T→50T or 52Tくらいにしてもいいかも。

レーサーパンツ
SHIMANOのレーサーパンツ
時代は変わったなぁ~。
高校のころ、日本横断ツーリングで横浜から(たしか新潟だったかなぁ)日本海まで往復したときは短パンだった。
おかげで短パンの裾と太ももとが擦れてマタずれに悩まされました。
サドルはクッション性が高かったから尻が痛くなることはなかったけど。

今はこんな自転車用のレーサーパンツがあるんですな。
今のちょっと固めのサドルにもこのレーサーパンツがあれば、痛くナーイ。
マタずれも防止できるし。
快適~。もう乗るときは手放せません。

というわけで、これともう一着。あわせて2着買いました。
お買い物
小物類の買出しをしたよ。

フロアポンプ
まずは必需品のフロアポンプ(空気入れ)です。
圧力計のついたタイプ。約4000円。

小物いろいろ
それから、シートステイに取り付けるタイプのリフレクター。230円
CATEYEのヘッドライト、EL-135。2480円
で、携帯ツール。799円。

これで、ひとまず最低限の装備は完了です。ホッと一息。

sDSC03122.jpgsDSC03124.jpgsDSC03127.jpg
さっそくリフレクターを取り付けてみました。
ま、いい感じ。そして右端は取り外したシートポストに取り付けられていたリフレクター。

白色灯sDSC03132.jpgsDSC03133.jpg
お次はヘッドライト。
コンパクトでGoo!普段のチョイ乗りのときとかは取り外しておけます。

だんだん重量化してますな。(^^;)
Wレバーの台座君
Wレバー台座

将来に備え、Wレバーの台座部分を確認してみました。
だいじょうぶそうだね。

若干、錆び色が出てるのが気になるが、、まあ、濡らさなきゃ問題ないレベルだろう。
2008 GIOS SPAZIO SPEC
GIOS SPAZIO
Web上に落ちてるうちにコピペしとこう。。
オリジナル状態の2008 GIOS SPAZIO のSpecification

FRAME GIOS ORIGINAL 4130 CR-MO SPECIAL TUBING
FORK GIOS ORIGINAL CR-MO FORK 1inch
HEAD PARTS FSA TH-388
H/BAR GIOS ORIGINAL H/BAR 400mm
STEM GIOS ORIGINAL STEM 90/100mm
BARTAPE GIOS ORIGINAL
B.B.PARTS SHIMANO BB-ES25
BRAKE SHIMANO BR-R550 F/R
CHAINWHEEL SUGINO RD-500T ES 48/38/28T 170mm
CHAIN SHIMANO HG-53
F/DERAILLEUR SHIMANO FD-4503 B28.6mm
R/DERAILLEUR SHIMANO RD-4500-GS
SHIFT LEVER SHIMANO ST-4500 L/R
FREEWHEEL SHIMANO CS-HG50-9 12/25T
RIMS ALEX DA-16 SILVER 32H
F/HUB SHIMANO HB-2200-S 32H SILVER
R/HUB SHIMANO FH-2200-S 32H SILVER
SPOKE #14G STAINLESS
TIRE KENDA K-189 700X28C BROWN SIDE
SADDLE GIOS ORIGINAL
SEAT POST GIOS ORIGINAL SEAT POST 27.2X350mm
SEAT CLAMP CL-02P 29.8mm
MUDGUARD FENDER 700X25-28C STAINLESS STAY
PEDAL LU-919
WEIGHT 12.0kg

ここからいろいろパーツを変更する予感。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。