おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジエターのYZ化
今日、そんなに時間はなかったのですが、雨が降ってくるまでの少ない時間で、ラジエターのYZ化作業を進めました。
交換する部品は、まずは次のとおり。
YZ化部品 ラジエターコアのスペーサー

左右のラジエターコアとフレームの間の間隔がWRとYZでは異なります。
したがって、ラジエターホースを2本。ラジエターを取り付けるスペーサーを合計6つ、交換することで、WRのラジエターコアをYZのラジエターコアに交換できます。
今日の作業はここまでですが、あとはガソリンタンクをYZ用にする必要があります。ラジエターシュラウドの取り付け位置が変わるので。。

スポンサーサイト
ラジエター交換作業
今日は落札したラジエターを取り付けて見ます。
まずは、マフラーとチャンバー、ラジエターシュラウドを取り外します。
マフラーチャンバー取り外し ラジエター交換前1 ラジエター交換前2

ドレインボルトを外し、キャップを取ると、冷却水が流れ出します。
ドレインボルト キャップを開く 冷却水

さて、次は水を注入してラジエター内を洗います。下から水が出てきてOK。
ラジエター洗浄 水です。。

さて、ラジエターを外します。
ラジエター取り外し1 ラジエター取り外し2

そして交換するものと比較してみます。。
新旧ラジエター
おや?なんか、左側のコアの下の管の出る向きが微妙に違ってる。。
とりあえず、気にせず作業を進めます。

取り付けは難しくはありませんな。
ラジエター取り付け完了 ラジエター取り付け完了2

ラジエターの冷却水を作ります。1:1より水をやや多めに作成します。
冷却水 原液注入 水で希釈

冷却水注入後、チャンバーを取り付けてみると。。あれ?チャンバーとラジエターコアの下部パイプが干渉してる。。
干渉してる。。
もしかして、、YZ用か?
Webで調べたら、やはりこれはYZ用のようです。むむむー!
とりあえず、そのほかの部品もとりつけて、一旦今日は作業完了。
sDSC01101.jpg sDSC01100.jpg sDSC01099.jpg

さて、YZ用のラジエターってことで、ついでにYZ用の取り付けボルトを入手すれば、YZ用のタンクはあるので、スリム化できるなぁ。そうしよ。と言うわけで、YZ用のボルトを発注しました。

95023-06025 x 4
95023-06020 x 2

リアアーム交換作業
今日は天気もよく、整備にはもってこいの日です。
では、リアアームの交換、いってみよー。

まずはチェーンサポートの取り外しからです。下側のボルト2本を外します。
続いて上部のボルト2本を外します。
完全に外れました。
チェーンサポート取り外し1 チェーンサポート取り外し2 チェーンサポート取り外し3

続けてサイドスタンドを取り外し、ホイールを外します。
さらに続けてユニオンボルトを取り外します。これが、少々錆びて太って抜けにくかった。
サイドスタンド取り外し リアホイール取り外し ユニオンボルト取り外し

ブレーキペダルの取り外し。(これをやらないとピポットシャフトが抜けない。)
そして、ピポットシャフトを取り外します。
ブレーキペダル取り外し ピポットシャフト取り外し1 ピポットシャフト取り外し2

これでリアアームが取り外せました。
リアアーム取り外し後

リアアームを取り外してチェックしてみると、片側のスラストベアリングは完全に破壊されてました。中のシリンドリカルベアリングもさびさびです。スラストベアリング一個とっといてよかった。。
こっちのベアリングは流用不可 中はグチョグチョ

ソリッドブッシュは少々錆が浮いていましたが、サンドペーパーで復活させます。貧乏性。。
ソリッドブッシュ使用後 ソリッドブッシュ研磨後

スラストベアリングのもう一方は錆を落として復活作業です。
新品のカバーを一個加え、とりあえず、両カバーとスラストベアリング、オイルシールが揃いました。
オイルシールは新品です。
ベアリング復活作業 両カバー復活(片方新品)

ソリッドブッシュを挿入し、カバーを被せます。
ソリッドブッシュ挿入 カバー装着

次はユニオンボルトのシリンドリカルベアリングの圧入作業。
再び19mmのソケットが活躍。
ベアリング圧入 圧入完了

さあ、それでは交換するリアアームの装着作業です。
まず、ピポットシャフトを通します。
ピポットシャフト挿入

次に、チェーンサポートにチェーンを通します。
チェーンサポートにチェーンを通す

ユニオンボルトを取り付けて、、
ユニオンボルト取り付け

ブレーキペダルを取り付けて、、
ブレーキペダル取り付け

ホイールを組み付けて、出来上がり!
ホイール組み付け ホイール組み付け反対側

以上が、リアアーム交換作業でした。

あとは、おまけの作業
テンショナー交換。
ベアリングがバラバラになっていたので、交換しました。
テンショナー交換 テンショナー組み付け

最後にサイドスタンドを取り付けて、完成!
サイドスタンド装着完了

WR-Zのラジエター落札
待てば海路の日和あり。
先日のリアアーム(500円)に引き続き、4DCのWR250Zのラジエター(3000円)を落札しました!
ラジエタコア

新品を買うと、ラジエターコアって左右合わせて3万円くらい。
あと、プラスティックのラジエターガードもあるし、細かい部品を含めると多分4万円くらいすると思われます。
ヤフオク万歳!!
また交換作業はこちらのページで報告します~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。