おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ三昧の日々
DSC_0014.jpg
最近、Xperia arcの白ロム品を中古で購入しまして、さらにWiMAXに契約しまして、スマホライフを満喫しています。
スマホとは、私にとって何か、と言われれば、GPS、スピーカー、カメラ、マイク、のついた小さいコンピュータです。ほぼ電話としては使っていません。(契約もしてないし。。)

まあでもこのGPSとスピーカーが自転車アプリには非常に相性がいい。。ということで、チャリにマウントできる専用のカバーと、グッズを購入しました。

このXcrewという自転車用のマウントツールは、ママチャリとかのハンドルバーの径しかつけられない、らしいので、別途↓のマウンターを購入。
DSC_0008.jpg

無事、マウントが完了しました。
DSC_0009.jpg DSC_0010.jpg DSC_0011.jpg DSC_0013.jpg

ちなみに、このマウンター、全体を覆う形になっているため、多少の雨はへっちゃらで、さらにカバーをつけた状態で操作できてしまうのです。これはイイ。さすが専用。

で、使ってみてはじめてわかりましたが、唯一の不満点は、スピーカーの出力の穴のところが密閉されるため、音がかなり小さくなってしまうこと。ヘッドホンはつながるようになっているので、外部スピーカーをつなげれば問題なく音が聞こえるようになりますが、荷物は増やしたくないっす。
ということで、
2012-05-12-11-10-18_deco.jpg
加工しました。
つーても、密閉しないように中のラバーのスペーサーに穴をあけただけ。
カバー自体が密閉構造なので、かなり音がこもった状態になりますが、音の大きさはだいぶ大きくなって、ま、なんとか使えそうなレベルになりました。。

これで、さらにスマホ生活が充実することでしょう。。
スポンサーサイト
リアホイール組(ハブ交換)
通勤用スパジオ君のリアホイールのハブだけデュラエースに交換しました。
526274_294488857300031_100002167584876_662984_1188247657_n.jpg
こないだ購入した、ふれとり台

562613_294489167300000_100002167584876_662986_518744037_n.jpg
左がこれまで使っていたティアグラグレードのフリーハブ。右がデュラエース。デュラエースの方が古いんですが、高級品だけあってベアリングで超スムースな回り具合です。。回せばわかる。。

576650_294489443966639_100002167584876_662987_1815462895_n.jpg 577654_294489687299948_100002167584876_662988_736384710_n.jpg 581360_294489800633270_100002167584876_662989_1881510970_n.jpg
作業中の様子。
リアホイールはおちょこ組み(左右非対称)なのが難易度高いですが、まあ、そこまできっちりセンターだしできていなくても、問題はないっす。

というわけで、特に問題なく、作業完了。
今やスパジオ君のオリジナルパーツは、フレームとスポークとリムくらいかな。。
あ、ハンドルとシートポストはカットしてあるけどオリジナルのままだ。。
SPAZIOブレーキ強化
sDSC02413.jpg sDSC02418.jpg sDSC02416.jpg
現代版スポルティーフといえる、SAPZIOですが、一つの弱点はブレーキ。
ドロヨケを装着ができるように、カンチブレーキが取り付けられているのですが、普通のロードバイクのキャリパーブレーキと比べると、効きが弱いのです。
スピードをそれほど出さなければ実用上問題ない範囲ではあるのですが、やはりちょっと不満。
長い下り坂やブラケットポジションでのしっかりとしたブレーキングのときに、頼りなさを感じてしまう。

そこで、前から気になっていた、ミニVブレーキをついに購入。取り付けてみた。
もっと安いモデルもあったのですが、長い目で考え所有する喜びを感じられる、ちょっと高いやつを通販で購入。
TRPのCX8.4というやつ。前後セットで1万5千円くらい。。

ひとまず、フロントブレーキを交換してみた。

取り付け自体は、ドロヨケと微妙に干渉しそうだったけど、大きな問題もなく、完了。
引き代もだいたいいい感じ。少し調整がシビアになるかと覚悟していたけど、そうでもないかな。

で、少し走ってみましたが、結果は、、

いい!

十分な制動力ですな。これならブラケットポジションで、普通にブレーキが(いままでは、頑張って握っていたところを、普通な感じに握るだけで、ちゃんとブレーキが効く感じ)かけられます。
タッチの感じも、特に問題なし。

いいねぇ~。
リアはまだカンチのままだけど、リアもあとで交換しようっと。。。

カルマ!ヒルクライム!
昨日、久しぶりにKHARMAで100km走ってきました。
ここのところSPAZIOにしか乗ってなかったので、久しぶりのカルマ君は、、、やっぱ軽い!



早速ヤビツ峠へ。

というのも、


今年、ヒルクライムに1本出ようと思っていたのですが、
なんとなく、申し込んでみました。



ヒルクライム大台ケ原!



きっかけはスポーツエントリーで
たまたま申込期間だったから。(^^;)

後から冷静になってみると、


これって、奈良県じゃん。。。




遠い。。



まいっか。

というわけで、7/10に向けて、
体の軽量化と、体力復活を計画!


ま、計画といっても、

平日の夜のビールをやめて、
あとは
できるだけ自転車通勤する

という、
無理のない範囲でできることですがね。。


というわけで、現在地点(6/4の朝)は、、

体重:76.45kg
タイム(ヤビツの):56分31秒


帰りの246で、女の子に千切られ、足がつりました。。

太ももよ、去年の力を取り戻すのだー。

目標は、
体重:72kg
タイム:50分切り


果たして!?
ハブ交換(ホイール組)
先日のブルベ(記事書いてないけど。。)のときに、フロントホイールのハブがゴロゴロベアリングがもうご臨終しているような感触だった。
DSC06815.jpg←問題のハブ。すでにカバーが斜めに浮いている。。
今日は一日暇なので、今使っていない、デュラハブのチューブラー用フロントホイールのハブと、交換することを決意。早速やってみた。
まずはチューブラーのタイヤを外し、ニップル回しでスポークを外していきます。外すのは簡単簡単。
DSC06818.jpg DSC06820.jpg DSC06823.jpg DSC06824.jpg DSC06826.jpg DSC06832.jpg DSC06830.jpg

さて問題のホイール組。
特に参考書を用意してないので、バラス前に取っておいたハブの写真を見ながら、適当にくみ上げていきます。
まずは、ハブの片側のスポークを一つとばしで、リムの穴を3つとばしで、ぐるっと一周組み付けていきます。
そして、一つとばしの残りの方を、さっき張ったスポークとクロスさせるようにしながら、また一周させます。
片サイドが終わったら反対側。意外とあっさりホイールの形になってきました。
DSC06834.jpg DSC06835.jpg DSC06836.jpg
ここからは、ニップル回しで全体を均等に締め込んでいきます。
さすがにこのままではホイールの振れが多いので、ここからは自転車にとりつけ、車体をひっくり返して車体をフレトリ台代わりに使いながら、振れをとる、、というか、スポークのテンションを均一にしてきます。
DSC06838.jpg DSC06841.jpg DSC06842.jpg
スポークテンションメータは持っているので、それほど苦労せず、テンションがだいたい均一になりました。
すると、振れはほとんど無い状態にすでになっています。一ヶ所だけ横振れが大きい感じだったので、そこだけはマニュアルで振れをとりました。

で、一丁上がり。
DSC06844.jpg

さっそくタイヤをとりつけ、空気を入れると、、あれ?
これって、、。
ま、大きな問題ではないのですが、空気入れの口金を出す場所が、ずれていました。
本当はスポークが平行になったところから出すべきなのですが、クロスしたところから出てしまった。
DSC06843.jpg
ま、こんくらいは気にしない気にしない。。
DSC06845.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。