おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.Fujiヒルクライムに向けたヤビツ峠ツーリング
P1000125.jpg
携帯のカメラなので写真がイマイチ。。

今年に入ってからの最高タイムは44分台。これを少しでも縮めたいという想いでアタックしたのですが、結果は悲しいかな48分台。
ヤビツ峠に向かう道でちょっと頑張ったのが失敗だったか。。(←いいわけ)。。
ま、これが実力か。。
ちなみに今回心拍計とケイデンスセンサーを装備して登ってみたのですが、心拍計のほうは電池が弱っていたのか、まともに表示されず、、役に立たず。ときどきまともな表示になる値を見ると、マイペースで登っているときは160くらいですね。頑張ると170くらいになりますが、この状態は足を消費してしまいます。こんなかんじなら当日はつけなくてもいいや。。
ケイデンスセンサーはちゃんと動作したので、はじめて自分がどのくらいのケイデンスで走っているのか分かりました。平坦に近いところでは90-100くらいが快適。傾斜がきついところでは80くらいです。80を下回るようならシフトダウンすべきという結論ですな。

結果は結果として受け止めつつ、来週は気にせず1:30切りと去年のタイムを上回ることを目指してがんばろ。。

ツーリングの方は霧雨がしとしと降っていてメガネの私にはちょっとツライ状況でしたが、緑がうっそうと茂るなか、ヤビツ峠からの下りの宮ヶ瀬に抜ける道は非常に楽しく走れました。
最近、通勤にブルベにヤビツアタックと、景色を眺めながらのんびり走ることを忘れていました。森林浴をしながらゆっくり呼吸して気分はリフレッシュ。

帰りにラーメンと白たい焼きを食べました。


P1000129.jpg
ヤビツ峠から1.5km下ったところにある、湧き水スポット

P1000126.jpg
宮ヶ瀬湖

P1000131.jpg P1000123.jpg
ラーメンとたい焼き
スポンサーサイト
鶴峠と松姫峠
P1000065.jpg
今日は朝9時過ぎに家を出て、鶴峠を目指しカーナビ君に道を聞きながらツーリングしました。
鶴峠までは順調に、、いや昼ごはんのときに一回パンクを修理して3時ちょい前に峠に到着。

これでこのあたりの主だった峠は制覇したかな?

このあと奥多摩湖方面に行って帰ろうかと思っていたのですが、雲行きが怪しくなってきて、雨もぱらぱら降ってきたので、すぐに輪行可能なよう、松姫峠越えのルートを選択。

P1000062.jpg
途中の紅葉は見事でした。
結局雨はぱらつく程度でしたが、大月から1450円で東神奈川まで輪行。
横浜は普通に雨でしたね。

トータル110kmくらい走って結構足に来ました。。

サイクリングマップはこちら

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

和田峠と大垂水峠
DSC05306.jpg和田峠
DSC05309.jpg大垂水峠


峠塗りつぶし作戦遂行中。。

今日は午後からのスタートながら、輪行で八王子に出て、そこから和田峠へ。
その後は20号に出て、帰りがけに大垂水峠を経由して帰ってきました。

和田峠、噂に違わぬ骨のある峠ですね。
八王子からのアプローチで行ったのですが、和田峠手前の2キロ地点がかなりすごい坂になってますな。。
ちなみに私のマシンはトリプルギヤ。その最も軽いギヤ比は、28(F)/25(R)でダイレクトドライブにかなり近いのですが、そのギヤ比をもってしても、上記地点では立ち漕ぎを余儀なくされました。
なんとか足を着かずに上りきりました。

そのあとの大垂水峠はフロントはミドルで上れました。
和田峠の後だと大垂水峠は丘くらいのイメージですな。
それほど和田峠はきついっす。

いやはや。

本日の全行程
和田峠と大垂水峠

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

大垂水峠
DSC05072.jpg
今日は日中、近場の峠アタックと言うことで、大垂水峠に行ってきました。
家からは往復100kmと適度な距離。
登りの斜度、距離、交通量ともに適度。トレーニングにはもってこいかも。
初心者向きの峠と思われます。
高尾駅~大垂水峠~相模湖 map

DSC05075.jpg
帰りには九州ラーメン 博多の風に寄って、全部のせの大盛り880円(外税)をいただきました。
旨かったどー!

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

川上牧丘林道を自転車で越えた!お盆の一泊二日ツーリング
8/13~8/14、お盆休み(かつ奥さんは仕事中)ってことで、一泊二日の輪行ツーリングに行って来ました。

東神奈川を朝5時55分のJRで出発。塩山へは8時13分に到着。
DSC04825.jpg
あらかじめ決めていたのは高崎での宿泊場所(って言ってもSpa Sentoっていう24時間営業の健康ランド)だけ。
で、コースは迷いに迷って、結局「川上牧丘林道」を選択。この林道はかなり昔にオフロードバイク(DT-200WR)で走った道。標高がかなり高い大弛峠を通ります。
当時よりも舗装が進んでるらしい、、、もしかしたら全線舗装か?と淡い期待を寄せつつ、登りはじめます。
DSC04833.jpg DSC04836.jpg DSC04843.jpg DSC04846.jpg
正直こんだけきつい峠だったかと登りながら多少後悔。塩山からスタートすると標高差にして約2000mを一気に登ることになるんですね。。しかも途中14%の急坂エリアも。。
途中何回休憩したか、良く覚えてません。38km進むのに4時間20分くらいかかっとる。しかも、山ン中なのでコンビニも自販機もなく、最後のほうはボトル(750mlの大きいやつ)が空になり辛かった。。
走りは辛かったけどその分景色というか山の中のさわやかな環境は素晴らしかったっす。
と言うような苦労をしつつ、大弛峠に到着。
DSC04851.jpg DSC04852.jpg
ちなみに他に自転車は2台見かけました。一台は下ってきたMTB。もう一台は典型的なランドナー(スポルティフかも)で、相当低ギヤをセットしてました。他にもアホがいて嬉しい。(^^;)

のぼりは結局すべて舗装されていて、体力は辛かったけど路面は快適でした。

が、

下りはなんと若干ガレた砂利道、、(T-T)。
DSC04855.jpg DSC04860.jpg 
しかも9km程もある。。
傾斜も8%程度。。

これはこれでかなりツライ。
下ハンでブレーキをかけながら路面を注視し、少しでもガレてないラインを狙って進みます。気を抜いてスピードが出ると止まれなさそう、、そのまま崖下転落もありうる感じ。握力と、目と首に負担がかかり、登り以上に休憩をとりながらの走行を強いられます。
下りがご褒美でない峠って、初めて。

なので、ロードレーサーで来たならこっちの下りはお勧めできないっす。
来た道を戻ればかなり快適でした。

でも、ランドナーに乗ってきた人も、このガレ道を下ったようです。気合入ってるなぁ。。

当然昼飯も山の中では取れず、下って3時前くらいに街なかのスーパーマーケットみたいなところでお弁当をチンしていただきました。

この時点で走りは満腹状態(^^;)。
DSC04863.jpg DSC04866.jpg

しかし、高崎まではまだ130kmとかなりの距離が残っています。
観光とかする気力も無く、カーナビ君に従って最短距離の道を高崎に向かいます。

途中、灯明の湯という温泉に入り、ラーメン屋さんでエネルギーをチャージし、夜10時30分にようやくSpa Sentoに到着。
DSC04868.jpg DSC04870.jpg DSC04873.jpg
お風呂で汗を流し、ビールの大ジョッキを一気飲みして、カーナビ君の充電をしながら爆睡しましたとさ。
DSC04874.jpg
と言うわけでSpa Sentoで迎えた二日目。
朝起きて軽くひとっ風呂浴びて朝ごはん、、と思ったら、朝ごはんの時間はレストランはやってなかった。
と言うわけで、7時過ぎに出発し、高崎市内のマクドナルドでベーコンエッグマフィンのセットを食べつつ今日のプランを練ります。
昨日の峠越えで走り的には既に満足してたのですが、このまま東京方面に向かうのはもったいないので、そこそこ山道を走るような観光地を検索。で、足尾銅山に向かうことに決定。でそのあと宇都宮に出て餃子を食べて帰ることにしました。

ちゅーわけで、今日も山へ。
DSC04878.jpg DSC04882.jpg DSC04884.jpg
伊勢崎ICを過ぎたあたりから緩やかに登りはじめます。
今日の登りは昨日ほどスパルタンでは無いし、ちょいちょいコンビニ(こっちはDailyヤマザキが多いんですね)もあるので、気持ち的にはかなり余裕っていうか、普通に進みます。
しかし今日も暑い。。いつもよりドリンクの消費量が多いっす。
DSC04887.jpg
そして足尾銅山観光に到着。800円の入場券を買って入ります。
DSC04889.jpg DSC04892.jpg DSC04895.jpg
坑道への入り口まではトロッコ的な列車に乗せられ行くのですが、ちょっとしたジェットコースター的なノリで結構テンションが上がります。
坑内は涼しくて夏にはぴったりカモ。
江戸時代、明治、昭和と各時代の作業者の様子を再現した人形達があったり、プロモーションビデオを見たりとそこそこ楽しんで、表に出ると、江戸時代の銅銭の博物館的なものが併設されてて、そこを通り、お土産屋さんゾーンを通過して出てきました。
お昼を回っていたので何か食べていこうと思ってたのですが、レストランが混んでいたのでパスして先へ進みました。

で、どうせならということで近くの峠を越えていくしかないっしょ、と言うことで粕尾峠へ向かいました。
DSC04901.jpg
足尾銅山観光から粕尾峠までは、約10kmで標高差500mくらい。平均5%くらいの斜度。お腹は減っていたものの、撮影以外の休憩はなしで一気に登ります。
粕尾峠は特に何も無く、食べるところを求めて下ります。
今日の下りは快適っす。やっぱ下りはこうでなくちゃー。と言うことで一気に下っていくと、蕎麦屋さんの看板が見えたので、急遽ストップ。
天盛りそばをいただきました。
DSC04905.jpg
いやー、おいしかった!この辺はそばがおいしいエリアなのかな?
で、お店においてあった栃木県の観光マップを見て、時間や電車賃を考え、行き先を宇都宮から小山に変更。
ということで再出発。下りはラクでいいっす。
途中のファミリーマートで食べたかき氷はおいしかった。(^^;)
DSC04915.jpg
で、小山駅の手前3キロくらいのところにある、思川温泉で旅の疲れをいやしました。
DSC04919.jpg
ここの温泉は良かった。非常に快適です。もし次にこの辺を通るならまたここには寄りたい。

ということで、無事二日間の走行を終え、小山駅から横浜まで宇都宮線直通の東海道新宿ラインに乗り、帰ってきました。
大宮からこっちは混んでますね。
DSC04921.jpg


サイクリングマップはこちら


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。