おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年3月1日現在のGIOS SPAZIO通勤スペシャル
DSC04276.jpg
似たような記事を前に書きました。まだ通勤を始めたばかりのころです。
あれから4ヶ月ちょい経過しまして、ちょいちょい変更箇所があります。
駆動系のパーツは基本的に変更なし。ギヤもそのまま、ドロヨケもそのまま。
アクセサリー類が変わっております。

DSC04277.jpg
まずはハンドル周り。
ヘッドライトは当初HL-EL520の2個使いというブルベにも出られる重装備だったのですが、通勤路の国道1号線は暗くて走れないようなところはないので、HL-EL130ひとつに変更です。
そしてサイクルメータはe*metersに変わってます。e*metersはお奨め。
そうそうエクテンドバーは自作したものに変わってます。これはハンドルのセンターから伸びているのがなかなかグッドポイント。
ステムについてる黒いホルダーはGPSロガー用のもの。普段は使わない。

DSC04279.jpg
リア周り。
携帯ポンプがターボモーフGに変わりました。いざパンクしたときのことを考えると、これはかなり心強いです。
テールランプはサドルバック下にあったのですが、シートステイに移動。深い意味はないです。

DSC04281.jpg
そしてサドル。
これが最も大きな変更かな。SPAZIOにもとからついていたサドルはVelo製のかっこいいのでした。決して乗り心地は悪いサドルではなかったのですが、このselle SMP製のサドルが良すぎたので、さくっと変更。
あくまで私のお尻に対してですが、、、使っていてどのくらい違うかを記すと、、
前のサドルはパッドつきのレーサーパンツでも150kmくらい走ると尻が痛くて辛い状態になっていました。
今のサドルはレーサーパンツなら200km走ってもまったく問題なし。普段の通勤ではパッドなしで乗りますが、片道22kmなんら問題なし。多分そのまま100kmや200kmでもいけるんじゃないか、と思わせるほど。

DSC04040.jpg
そうそう、靴が変わりました。
見た目は普通のスニーカーっぽい、ビンディングシューズ。
履くまでそんなに重要視してなかったのですが、履いてみて初めてそのアドバンテージに気づいた次第。
スポーツサイクルにはビンディングペダルは必須ですな。。

というようなマシンで快適に通勤しております。
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

GIOS SPAZIO 通勤スペシャル
DSC03622.jpg

明日は自転車で出勤してみる予定。
会社に駐輪場はないけど、最寄の駅の公営駐輪場が結構立派でよいことに気づいたので、意を決してチャリ通勤をしてみることに。。

と言うわけでスパジオを通勤仕様にしてみました。

通勤仕様のポイント説明いきます。。
DSC03624.jpg DSC03623.jpg
まずはスパジオの特徴でもある「ドロヨケ」。
箱根に行くときは邪魔者扱いして悪かったのう。通勤仕様では重量より実用性重視でドロヨケ君復活です。

DSC03626.jpg DSC03625.jpg
フロント周り。
ヘッドライトはHL-EL520の2個使いです。直でハンドルにつけるのはいやだったので、エクステンドバーを導入。
あとはサイクロコンピューター。心拍計は外しました。

DSC03628.jpg DSC03633.jpg
リア周り。
テールランプは暗くなると自動で点滅するタイプのやつ。優れもの。サドルバッグの下にセットしてあるのだけど、光ってないと目立たないね。
そしてリフレクターはシートステイに取り付けてあります。また、サドルバッグもリフレクターの役目を果たしてくれます。カメラのフラッシュに反応してるっしょ。

DSC03632.jpg
フロントトリプル。坂道があってもドンと来い。いやー、トリプルはイイッす。
アウターは純正の48T→52Tにしてありますが、通勤ではアウターは使わないでしょうね。。
インナーは38/28Tです。
ペダルは普通の靴で漕げるビンディングペダル。完璧。

DSC03631.jpg
そして、ボトルケージは前(写真右)がドリンクボトル用、後ろ(写真左)は500mlのペットボトル用です。

DSC03635.jpg DSC03437.jpg
サドルバッグの中身および携行品を紹介。
上段左から、100円ショップで買った反射する裾バンド、反射タスキ。
携帯ポンプ、パンク修理キット、タイヤレバー、予備のチューブ、携帯ツール。
前段は鍵2つ。左のがダイヤル式。右のは鍵式。
それからヘルメットですな。。knogのテールランプつきです。

DSC03630.jpg
タイヤはPanaracerのツーキニスト 700x25cにしました。
バランスを考えるとこの辺がいいかなと。

ちなみに、会社までの距離は22km。1時間ちょいかかるかな。
明日はいつもより少し早起きしよう。
GIOS SPAZIO 2009年モデル
2009年モデルをネットで発見。
SPAZIO 2009
SPAZIO FLAT 2009

フラットバーモデルが追加されとる!!
ドロヨケをなくして、コンポ類を一部SORAに、そしてブレーキがショートVブレーキになってる。
いいとこ突いてくるね。ツーリングじゃなくて、おしゃれに街乗りに使ってください。。って感じだ。
このブレーキはもしかしたら私のマシンにも流用できるかな?STIだけど。。

さて、ノーマルのスパジオの方は、、フロントキャリアが標準装備になっとる!!
でも、写真で見ると水平になってないのは微妙に残念ですねぇ。。
他はほとんど現行のままですね。

フロントキャリアだけお取り寄せも可能かな?(^^;)
ま、すぐには必要ないけど。。
2008 GIOS SPAZIO SPEC
GIOS SPAZIO
Web上に落ちてるうちにコピペしとこう。。
オリジナル状態の2008 GIOS SPAZIO のSpecification

FRAME GIOS ORIGINAL 4130 CR-MO SPECIAL TUBING
FORK GIOS ORIGINAL CR-MO FORK 1inch
HEAD PARTS FSA TH-388
H/BAR GIOS ORIGINAL H/BAR 400mm
STEM GIOS ORIGINAL STEM 90/100mm
BARTAPE GIOS ORIGINAL
B.B.PARTS SHIMANO BB-ES25
BRAKE SHIMANO BR-R550 F/R
CHAINWHEEL SUGINO RD-500T ES 48/38/28T 170mm
CHAIN SHIMANO HG-53
F/DERAILLEUR SHIMANO FD-4503 B28.6mm
R/DERAILLEUR SHIMANO RD-4500-GS
SHIFT LEVER SHIMANO ST-4500 L/R
FREEWHEEL SHIMANO CS-HG50-9 12/25T
RIMS ALEX DA-16 SILVER 32H
F/HUB SHIMANO HB-2200-S 32H SILVER
R/HUB SHIMANO FH-2200-S 32H SILVER
SPOKE #14G STAINLESS
TIRE KENDA K-189 700X28C BROWN SIDE
SADDLE GIOS ORIGINAL
SEAT POST GIOS ORIGINAL SEAT POST 27.2X350mm
SEAT CLAMP CL-02P 29.8mm
MUDGUARD FENDER 700X25-28C STAINLESS STAY
PEDAL LU-919
WEIGHT 12.0kg

ここからいろいろパーツを変更する予感。。
GIOS SPAZIO あらためて
デジカメで改めて写真をUPっす。

sDSC03086.jpgsDSC03103.jpgsDSC03104.jpg
全体像。イイねぇ。ボトルケージとサドルバッグをつけた。
SPAZIOのフレームサイズは490と520の2種類しかない。身長171cmの私としてはどちらも守備範囲らしいのだが、跨ってハンドルを握ったら520は遠く感じたため、490に決定。
フロントフォークはメッキ。

sDSC03087.jpgsDSC03101.jpgsDSC03105.jpg
ハンドル。よくよく見るとバーテープの巻き方とか、若干気になるが、いずれハンドルは交換するので当面コレでヨシ。

sDSC03100.jpgsDSC03088.jpg
ステムの角度はコンフォートな設定。バーテープの巻き方いまいち。

sDSC03089.jpgsDSC03099.jpgsDSC03108.jpg
サドルバッグ(モンベルのインクブルー。)を取り付けたので、リフレクターはその下にずらした。サドルはもう少し後ろに下げたほうがよさそう。

sDSC03090.jpgsDSC03083.jpg
フロントカンチブレーキ。ここにフロントキャリアを装着予定。

sDSC03091.jpgsDSC03102.jpgsDSC03109.jpg
ダウンチューブに取り付けたボトルケージと携帯ポンプ。
携帯ポンプはGIOSのロゴ入りなんだけど、安物だね。プラスチックのバリが残ってら。ま、実用上問題なければいいけど。
Designed in Itaryの文字。つまりは台湾製ってことです。かっちょよくて品質に問題がなければOK。

sDSC03093.jpgsDSC03106.jpgsDSC03094.jpgsDSC03092.jpg
Shimano Tiagraの変速機とSuginoのクランク。
ペダルは標準装備。とりあえず過不足なし。シューズは買う予定なしなので、このまま。トゥークリップもいらない。

sDSC03095.jpgsDSC03107.jpg
リア変速機。9速。

sDSC03097.jpgsDSC03096.jpgsDSC03098.jpg
フロントの車輪とドロヨケ。やっぱ街乗り&ツーリングにはドロヨケ。
ダウンチューブには変速機のワイヤーのアウター受け。そしてこの形状はWレバー用の台座があるってこと。コレ重要。
リアのフレームにはキャリア取り付けダボがある。ドロヨケも標準装備。リアもカンチブレーキ。
ホイールのブレはまあまあだ。10万クラスのロードバイクだとこんなもんか。ま、ツーリングには問題ないレベルと思われる。
そのうち、自分で振れ取りできるようになりたいっす。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。