おいらロードマン世代
自転車、オートバイ、日曜大工、etc.
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


月別アーカイブ


e*meters


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース準備
DSC03375.jpg
今日と明日はお盆休み。
8月31日に控えたカブト虫エンデューロに向けて、バイクをレース仕様にしました。
保安部品を外して、ホイールをモトクロスタイヤのやつに替えた。

さて、明日は猿で練習しよ。
スポンサーサイト
エアー調整
先日、木更津で行われた、W松コース試走会での出来事。

CRMとWRZを持ち込んでエンジンをかけようとしたところ、CRMのエンジンがかからない。
ガソリンはちゃんと入ってるし、ニュートラルランプが点くので電気系統もまあ、大丈夫だろう。
プラグも交換してみた。1度かかった。がしかしエンジンが安定しない。
あけ始めでモモモってなって止まってしまう。
WRZのほうはエンジンはすぐかかったが、やっぱり低回転が不安定。
アクセルを開けてもすぐについてこず、2テンポくらい遅れてから回転が立ち上がる。

いろいろやってみたのですが、結果からいうと、セッティングの問題でした。
エアースクリュー(写真はCRM)を目一杯締めこむ(濃くなる方向)と、CRM,WRZ共に問題なくなりました。
とくにWRZは低回転のピックアップがこれまで無かったくらい鋭くなってしまい、目から鱗。
CRMもキック一発で簡単始動OKに。。

エアスクリュー


セッティングって重要なんですね。。
カブトムシのレース準備
昨夜からカブトムシエンデューロに向けてCRMを公道仕様からレース仕様に変更する作業を開始。

主な内容は下記のとおり
1、リアタイヤ交換(タイヤ自体を新品にする)
2、前後、ホイール交換(オンタイヤ→オフタイヤ)
3、外装パーツをレース用に交換
  タンク、ラジエターシュラウド、フロントカウル、左右ゼッケンカウル
4、保安部品取り外し
  スピードメーター、F,Rライトアッセンブリー、付属するハーネス類

ついでに、エアフィルターを清掃しようと洗油につけてもみもみしたら、、
エアフィルタぼろぼろ

OH!NO!
さっそく、発注しました。。約2400円。。

ひとまず完了CRM

それ以外は特に問題なく作業完了。
あとはゼッケンが何番になるかなー。
リアアーム交換作業
今日は天気もよく、整備にはもってこいの日です。
では、リアアームの交換、いってみよー。

まずはチェーンサポートの取り外しからです。下側のボルト2本を外します。
続いて上部のボルト2本を外します。
完全に外れました。
チェーンサポート取り外し1 チェーンサポート取り外し2 チェーンサポート取り外し3

続けてサイドスタンドを取り外し、ホイールを外します。
さらに続けてユニオンボルトを取り外します。これが、少々錆びて太って抜けにくかった。
サイドスタンド取り外し リアホイール取り外し ユニオンボルト取り外し

ブレーキペダルの取り外し。(これをやらないとピポットシャフトが抜けない。)
そして、ピポットシャフトを取り外します。
ブレーキペダル取り外し ピポットシャフト取り外し1 ピポットシャフト取り外し2

これでリアアームが取り外せました。
リアアーム取り外し後

リアアームを取り外してチェックしてみると、片側のスラストベアリングは完全に破壊されてました。中のシリンドリカルベアリングもさびさびです。スラストベアリング一個とっといてよかった。。
こっちのベアリングは流用不可 中はグチョグチョ

ソリッドブッシュは少々錆が浮いていましたが、サンドペーパーで復活させます。貧乏性。。
ソリッドブッシュ使用後 ソリッドブッシュ研磨後

スラストベアリングのもう一方は錆を落として復活作業です。
新品のカバーを一個加え、とりあえず、両カバーとスラストベアリング、オイルシールが揃いました。
オイルシールは新品です。
ベアリング復活作業 両カバー復活(片方新品)

ソリッドブッシュを挿入し、カバーを被せます。
ソリッドブッシュ挿入 カバー装着

次はユニオンボルトのシリンドリカルベアリングの圧入作業。
再び19mmのソケットが活躍。
ベアリング圧入 圧入完了

さあ、それでは交換するリアアームの装着作業です。
まず、ピポットシャフトを通します。
ピポットシャフト挿入

次に、チェーンサポートにチェーンを通します。
チェーンサポートにチェーンを通す

ユニオンボルトを取り付けて、、
ユニオンボルト取り付け

ブレーキペダルを取り付けて、、
ブレーキペダル取り付け

ホイールを組み付けて、出来上がり!
ホイール組み付け ホイール組み付け反対側

以上が、リアアーム交換作業でした。

あとは、おまけの作業
テンショナー交換。
ベアリングがバラバラになっていたので、交換しました。
テンショナー交換 テンショナー組み付け

最後にサイドスタンドを取り付けて、完成!
サイドスタンド装着完了

シフトペダル交換
チェンジペダル交換

前回のレースで寿命を迎えたチェンジペダルを交換しました。

シフトペダルASSY 4SS-18110-00(2VM-18110-00) 2600円
ボルト 97017-06025(97011-06025) 55円



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。